ログイン後に自動的にWindowsにログインしてワークステーションを自動ロックする方法

Windowsで自動ログインを設定することには、ユーザーアカウントを不正使用から保護するという大きな責任も伴います。 ユーザーアカウントへの自動ログインを設定した後、ログイン時にワークステーションをロックするように設定することもできます。

自動ログインを設定する主な理由は、認証情報またはPINを設定している場合はそれを入力しないようにするためです。 では、ユーザーアカウントにログインした後にワークステーションをロックする意味は何ですか?

それが必要になる場合があります。 多くの人々がこれを行います。 コンピュータの電源を入れて、数分後にもう一度戻ってください。 その間、システムはあなたのアカウントにログインし、ワークステーションをロックし、すべての起動タスクとプログラムを実行し、初期化を行います。 戻ってきたら、パスワードを入力してシス​​テムの使用を開始します。

これが必要な別のケースを次に示します。

IT部門は、定期的に自動更新を一晩で開始し、その後、ワークステーションを再起動しました。 このプロセスの否定的な結果は、タスクの実行がスケジュールされているときにネットワークにログインしていないため、ネットワーク資格情報を必要とするスケジュールされたタスクが失敗することです。 無人の場合は、ワークステーションをログインしたまま(セキュリティ保護のため)ロックしたままにします。

アカウントへの自動ログインの設定

WinKey + Rを押し、次のように入力してEnterキーを押します。

 userpasswords2の制御 

[ユーザーがこのコンピューターを使用するにはユーザー名とパスワードを入力する必要があります]をオフにします

OKをクリックします。 プロンプトが表示されたら、ユーザー名とパスワードを入力して、[OK]をクリックします。

これで、システムは自動的にユーザーアカウントにログインするように設定されました。 次のステップは、ワークステーションを自動的にロックするスケジュールされたタスクを作成することです(オプションですが、より安全です)。

ログオン時にワークステーションを自動的にロックする

タスクスケジューラを起動し、操作ウィンドウの[基本タスクの作成…]をクリックします。

[タスクトリガー]ダイアログで[ログオン時]を選択し、[次へ]をクリックします。

[アクション]ダイアログで、[プログラムの開始]をクリックし、[次へ]をクリックします

次のダイアログで、プログラム名を次のように入力します。C:\ Windows \ System32 \ rundll32.exe

[引数を追加]テキストボックスに、 user32.dll、LockWorkStationと入力します。

したがって、実行されるコマンドラインは次のとおりです。

 rundll32 user32.dll、LockWorkStation 

パラメータでは大文字と小文字が区別されます。 入力したとおりに入力してください。 画面の指示に従って、手順を完了します。

ログイン直後にワークステーションをロックするタスクを作成しました。

同じコマンドをショートカットを使用してスタートアップフォルダーから実行できますが、スタートアップフォルダー内のアイテムの実行が非常に遅くなるため、「ワークステーションのロック」ショートカットが起動するまでデスクトップが表示されます。タスクスケジューラを使用して実行すると、 、資格情報を入力してログインが検証された直後にタスクが実行されます。

スタートアップフォルダー

特にスケジューラサービスが開始しない場合、ログオン時にタスクの実行が失敗する可能性があります。 フォールバックとして、上記のrundll32.exeコマンドラインへのショートカットを作成して、スタートアップフォルダーに配置できます。

次のシェルを実行することで、プロファイルにあるスタートアップフォルダーにアクセスできます:実行ダイアログからコマンド:

 シェル:起動 

または、次のフォルダに直接アクセスします。

 C:\ Users \%username%\ AppData \ Roaming \ Microsoft \ Windows \ Start Menu \ Programs \ Startup 

上記の方法では、絶対に安全なセキュリティは提供されませんが、無人のときにシステムのロックを解除したままにするよりもはるかに優れたオプションです。 セキュリティについて非常に心配している場合は、最初から自動ログオンを使用しません。

関連記事