REGファイルの「ユーザーとして」の右クリックメニューオプションを追加する方法

Windows VistaまたはWindows 7 PCで管理者アカウントにログオンし、.REGファイルをマージしようとすると、プロセスの開始を許可するように求めるユーザーアカウント制御(UAC)プロンプトが表示されます。 Regedit.exeは、利用可能な最高の実行レベル(マニフェストで指定されているとおり )を使用するため、利用可能な最高の権限で起動することに同意を求めます。

管理者アカウントにログオンしていて、現在のユーザー(ユーザーレジストリハイブ)にのみ適用されるレジストリに関する作業を行いたい場合があります。 これらの場合、ユーザーごとの情報のみをレジストリにマージしていることを知っているため、UACの同意が煩わしいと感じる場合があります。 私自身微調整として、私はこの小さな煩わしさに直面していますが、回避策を使用して.REGファイルをマージします。

トリックは、コンソールツールREG.EXEを実行する.REGファイルの右クリックメニューに[ユーザーとしてマージ]オプションを追加することです。 これを行う方法は次のとおりです。

.REGファイルに「ユーザーとしてマージ」コンテキストメニューオプションを追加

1. Regedit.exeを起動して、レジストリエディターを開きます。

2.次のキーに移動します。

HKEY_CLASSES_ROOT \ regfile \ shell

3. open2という名前のサブキーを作成します

4. open2の下に、 commandという名前の別のサブキーを作成します

5. コマンドを選択し、 (デフォルト)値に次のデータを割り当てます。

reg.exeインポート "%1"

注:毎回出力ウィンドウを表示する必要がある場合は、代わりに次のデータを使用してください。

cmd / k reg.exeインポート "%1"

6.レジストリエディターを終了します。

編集者注: .REGファイルにシステム全体のブランチ(たとえば、HKEY_LOCAL_MACHINE)を変更する指示がある場合、REG.EXEコンソールツール(標準ユーザーとして実行)はACCESS DENIEDエラーを検出しますが、単にの次のエントリに進みます。残りの手順を実行するREGファイル。 ただし、出力には「 エラー:レジストリへのアクセスエラー 」と表示され、.REGで指定されている1つ以上のレジストリキー/値を更新できなかったことを示します。

関連記事