エクスプローラの「このPC」の下にカスタムフォルダを追加する方法

Windowsのほとんどすべてのバージョンで、エクスプローラーのナビゲーションウィンドウにカスタムフォルダーを追加できます。 この投稿には、Windows 10のファイルエクスプローラーのナビゲーションウィンドウで、[このPC]の下にカスタムフォルダーを追加する方法が記載されています。

ナビゲーションペインにカスタムフォルダーを手動で追加する最も簡単な方法は、ミュージックやビデオなどの既存または組み込みのシェルフォルダーの設定を模倣し、カスタムGUIDで使用することです。 たとえば、これは別のGUIDで使用し、カスタムフォルダーを指すビデオシェルフォルダーのレジストリ設定です。

 Windowsレジストリエディタバージョン5.00 [HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Classes \ CLSID \ {f86fa3ab-70d2-4fc7-9c99-fcbf05467f3a}] "DescriptionID" = dword:00000003 "Infotip" = hex(2):40, 00, 25, 00、 53, 00, 79, 00, 73, 00, 74, 00, 65, 00, 6d、00, 52, 00, 6f、00、\ 6f、00, 74, 00, 25, 00, 5c、00, 73 、00, 79, 00, 73, 00, 74, 00, 65, 00, 6d、00, 33, 00, 32, 00, 5c、\ 00, 73, 00, 68, 00, 65, 00, 6c、 00、6c、00、33、00、32、00、2e、00、64、00、6c、00、6c、00、2c、00、\ 2d、00、31、00、32、00、36、00 、39, 00, 30, 00, 00, 00 "System.IsPinnedToNameSpaceTree" = dword:00000001 [HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Classes \ CLSID \ {f86fa3ab-70d2-4fc7-9c99-fcbf05467f3a} \ DefaultIcon] @ = hex(2) :25, 00, 53, 00, 79, 00, 73, 00, 74, 00, 65, 00, 6d、00, 52, 00, 6f、00, 6f、00, 74, 00, 25、\ 00、 5c、00, 73, 00, 79, 00, 73, 00, 74, 00, 65, 00, 6d、00, 33, 00, 32, 00, 5c、00, 69, 00, 6d、00、\ 61 、00, 67, 00, 65, 00, 72, 00, 65, 00, 73, 00, 2e、00, 64, 00, 6c、00, 6c、00, 2c、00, 2d、00, 31、\ 00, 38, 00, 39, 00, 00, 00 [HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Classes \ CLSID \ {f86fa3ab-70d2-4fc7-9c99-fcbf05467f3a} \ InProcServer32] @ = hex(2):25, 00, 73, 00 、79, 00, 73, 00, 74, 00, 65, 00, 6d、00, 72, 00, 6f、00, 6f、00, 74, 00, 25、 \ 00、5c、00、73、00、79、00、73、00、74、00、65、00、6d、00、33、00、32、00、5c、00、73、00、68、00 、\ 65, 00, 6c、00, 6c、00, 33, 00, 32, 00, 2e、00, 64, 00, 6c、00, 6c、00, 00, 00 "ThreadingModel" = "Both" [HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Classes \ CLSID \ {f86fa3ab-70d2-4fc7-9c99-fcbf05467f3a} \ Instance] "CLSID" = "{0E5AAE11-A475-4c5b-AB00-C66DE400274E}" [HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Classes \ CLSID \ {f86fa3 70d2-4fc7-9c99-fcbf05467f3a} \ Instance \ InitPropertyBag] "属性" = dword:00000011 "TargetKnownFolder" = "{35286a68-3c57-41a1-bbb1-0eae73d76c95}" [HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Classes \ Classes \ CLSID \ {86 -4fc7-9c99-fcbf05467f3a} \ ShellFolder] "属性" = dword:f080004d "FolderValueFlags" = dword:00000029 "SortOrderIndex" = dword:00000000 [HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ WOW6432Node \ Classes \ CLSID \ {f86fa33-9-9c -fcbf05467f3a}] "DescriptionID" = dword:00000003 "Infotip" = hex(2):40, 00, 25, 00, 53, 00, 79, 00, 73, 00, 74, 00, 65, 00, 6d、 00, 52, 00, 6f、00、\ 6f、00, 74, 00, 25, 00, 5c、00, 73, 00, 79, 00, 73, 00, 74, 00, 65, 00, 6d、00 、33, 00, 32, 00, 5c、\ 00, 73, 00, 68, 00, 65, 00, 6c、00, 6 c、00, 33, 00, 32, 00, 2e、00, 64, 00, 6c、00, 6c、00, 2c、00、\ 2d、00, 31, 00, 32, 00, 36, 00, 39 、00, 30, 00, 00, 00 "System.IsPinnedToNameSpaceTree" = dword:00000001 [HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ WOW6432Node \ Classes \ CLSID \ {f86fa3ab-70d2-4fc7-9c99-fcbf05467f3a} \ DefaultIcon] @ = hex(2) :25, 00, 53, 00, 79, 00, 73, 00, 74, 00, 65, 00, 6d、00, 52, 00, 6f、00, 6f、00, 74, 00, 25、\ 00、 5c、00, 73, 00, 79, 00, 73, 00, 74, 00, 65, 00, 6d、00, 33, 00, 32, 00, 5c、00, 69, 00, 6d、00、\ 61 、00, 67, 00, 65, 00, 72, 00, 65, 00, 73, 00, 2e、00, 64, 00, 6c、00, 6c、00, 2c、00, 2d、00, 31、\ 00, 38, 00, 39, 00, 00, 00 [HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ WOW6432Node \ Classes \ CLSID \ {f86fa3ab-70d2-4fc7-9c99-fcbf05467f3a} \ InProcServer32] @ = hex(2):25, 00, 73 、00, 79, 00, 73, 00, 74, 00, 65, 00, 6d、00, 72, 00, 6f、00, 6f、00, 74, 00, 25、\ 00, 5c、00, 73、 00, 79, 00, 73, 00, 74, 00, 65, 00, 6d、00, 33, 00, 32, 00, 5c、00, 73, 00, 68, 00、\ 65, 00, 6c、00 、6c、00, 33, 00, 32, 00, 2e、00, 64, 00, 6c、00, 6c、00, 00, 00 "ThreadingModel" = "Both" [HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ WOW6432Node \ Classes \ CLSID \ {f86fa3ab-70d2-4fc7-9c99-fcbf05467f3a} \ Instance] "CLSID" = "{0E5AAE11-A475-4c5b-AB00-C66DE40027 4E} "[HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ WOW6432Node \ Classes \ CLSID \ {f86fa3ab-70d2-4fc7-9c99-fcbf05467f3a} \ Instance \ InitPropertyBag]" Attributes "= dword:00000011" TargetKnownFolder "=" {35286a683-b1a1 -0eae73d76c95} "[HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ WOW6432Node \ Classes \ CLSID \ {f86fa3ab-70d2-4fc7-9c99-fcbf05467f3a} \ ShellFolder]" Attributes "= dword:f080004d" FolderValueFlags "= dwordOrder000000 = 29" [HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Explorer \ MyComputer \ NameSpace \ {f86fa3ab-70d2-4fc7-9c99-fcbf05467f3a}] [HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ WOW6432Node \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Explorer \ MyComputerName {MyComputerName -70d2-4fc7-9c99-fcbf05467f3a}] 

エクスプローラの「このPC」の下にカスタムフォルダを追加する方法

  1. 上記の内容をメモ帳にコピーし、.reg拡張子を付けて保存します(例: mytools.reg )。 まだファイルを閉じないでください。
  2. PowerShellでコマンドNew-Guid実行して、一意のID(GUID)文字列を生成します。 または、ランダムなGUID文字列を生成するGuidGen.com Webサイトにアクセスできます(バックエンドでMicrosoftのGUIDGen.exeを使用します)。
  3. GUIDをクリップボードにコピーします。 この例では、GUIDは{d464e152-bde0-4a84-9160-bd183268ad35}

  4. メモ帳で、文字列{f86fa3ab-70d2-4fc7-9c99-fcbf05467f3a}{d464e152-bde0-4a84-9160-bd183268ad35}
  5. .regファイルを保存し、メモ帳を閉じます。
  6. .regファイルをダブルクリックして、設定をレジストリに適用します。
  7. レジストリエディター( Regedit.exe )を起動し、次のブランチに1つずつ移動します。
     HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Classes \ CLSID \ {d464e152-bde0-4a84-9160-bd183268ad35} HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ WOW6432Node \ Classes \ CLSID \ {d464e152-bde0-4a84-9160-bd183268ad35} 
  8. 右側のペインで、 (Default)およびInfoTip値のデータをInfoTip変更します。

    ファイルエクスプローラーのカスタムフォルダーの上にマウスを置くと、情報ヒントのテキストが表示されます。

  9. 次に、以下のDefaultIconサブキーに移動します。
     HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Classes \ CLSID \ {d464e152-bde0-4a84-9160-bd183268ad35} \ DefaultIcon HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ WOW6432Node \ Classes \ CLSID \ {d464e152-bde0-4a84-9160-bd183268con35} \ DefaultIcon 

  10. それに応じてアイコンの値を設定します。 追加するMy Toolsフォルダーにshell32.dll, 35アイコンを選択しました。
  11. 以下のInstance\InitPropertyBagサブキーに移動します。
     HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Classes \ CLSID \ {d464e152-bde0-4a84-9160-bd183268ad35} \ Instance \ InitPropertyBag HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ WOW6432Node \ Classes \ CLSID \ {d464e152-bde0-4a84-9160-bdInstance \ IndProperty268Ad35} ad 
  12. カスタムフォルダーパスを追加するので、 TargetKnownFolder値を削除します。
  13. TargetFolderPathという名前の文字列値(REG_SZ)を作成し、その値のデータをフルフォルダーパスで設定します。

    それでおしまい! My ToolsフォルダーがナビゲーションウィンドウとこのPCビューの[フォルダー]セクションに表示されます。

ボーナスのヒント

ヒント#1:「フォルダー(6)」または「ネットワークロケーション」セクションにカスタムフォルダーを追加する

マップされたドライブまたはフォルダーをネットワークの場所を指すように追加する場合は、[このPCビュー]の[ ネットワークの場所]セクションにアイテムを表示できます。 これを行うには、このレジストリキーのDescriptionID値(上記のスクリーンショット#2を参照)を変更します。

 HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Classes \ CLSID \ {d464e152-bde0-4a84-9160-bd183268ad35} 

DescriptionIDを9(0x00000009)に設定します

  • DescriptionID3設定すると、 フォルダカテゴリの下に表示されます。
  • DescriptionID9設定すると、[ ネットワークの場所]カテゴリに表示されます。

ヒント#2:「My Tools」フォルダをこのPC階層の最上位に移動する

My ToolsThis PC階層の最上位に移動するには、次のレジストリキーにSortOrderIndexという名前のDWORD(32ビット)値を作成します。

 HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Classes \ CLSID \ {d464e152-bde0-4a84-9160-bd183268ad35} HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ WOW6432Node \ Classes \ CLSID \ {d464e152-bde0-4a84-9160-bd183268ad35} 

SortOrderIndexを低い値に設定します。

$config[ads_text6] not found

たとえば、 0x00000030に設定すると、次のようにアイテムが上に移動します。

それでおしまい! エクスプローラーのナビゲーションペインの[このPC(マイコンピューター)]にカスタムフォルダーをいくつでも追加できます。 ナビゲーションウィンドウに追加するすべてのフォルダーについて、GuidGen.com Webサイトから異なるGUIDを生成するようにしてください。

注: Windows XP用に数年前に作成したREGファイル(Windowsエクスプローラーのフォルダーペインのマイピクチャ、マイミュージック、およびマイビデオの名前空間拡張を参照)は、Windows 10でも機能します。 Shell32.dllの代わりにdllが参照されています。 また、Windows 10で古い方法を使用している場合は、これらのサンプルREGファイルでSystem.IsPinnedtoNameSpaceTree DWORD値を追加し、属性データをf080004dに変更する必要があります。 どちらの方法も問題なく機能します。

関連記事