Windows 10 Creators Updateで古いレジストリエディターを入手する

Windows 10 Creators Updateでは、レジストリエディターのステータスバーが削除され、上部にアドレスバーが表示されるようになりました。 Regeditでアドレスバーをオフにしても、ステータスバーは表示されません。 別の変更点は、新しいレジストリエディタでデフォルトのフォントフェース、太さ、スタイルを変更できることです。

//www.winhelponline.com/blog/registry-editor-gets-address-bar-feature-windows-10/

新しいレジストリエディター(Regedit.exe)のファンではない場合は、おそらくステータスバーがないという唯一の理由で、Windows 10を実行しているコンピューターから古いRegedit.exeのコピーを取得できます。記念日の更新、またはISOから。

Windows 10 Creators Updateで古いRegedit.exeを入手する

新しいRegedit.exeを古い(v1607-ビルド14393)バージョンに置き換える方法を次に示します。

1. 4つのファイル(regedit_old.exe、regedit_old.exe.mui、replace.reg、およびundo.reg)が含まれているold_regedit.zipをダウンロードします。

2. regedit_old.exeをC:\ Windowsにコピーします。 確認を求められたら、[続行]をクリックします。

3. regedit_old.exe.muiをC:\ Windows \ en-usにコピーします。 確認を求められたら、[続行]をクリックします。

4.必要に応じて、古いバージョンを指すようにRegedit.exeアプリケーションパスを置き換えるには、replace.regファイルを実行します。 したがって、[実行]ダイアログにregedit.exeと入力してレジストリエディタを起動すると、古いRegeditが起動します。

レジストリファイルは、このレジストリキーのRegedit.exeアプリパスを更新します。

$config[ads_text6] not found
 HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ App Paths \ regedit.exe 

(デフォルト)値のデータをC:\Windows\Regedit_old.exe

REGファイルによる変更を元に戻すには、zipファイルに含まれている「Undo.reg」という名前のファイルを実行します。

古いRegedit.exe(現在はRegedit_old.exe)は署名されたMicrosoftファイルですが、黄色のUACダイアログが表示されます。

関連記事