Windows 10の「ここでコマンドウィンドウを開く」コンテキストメニューオプションを取得する

Windows 10 Creators Updateは、「ここでコマンドプロンプトを開く」コンテキストメニューエントリを削除し、「ここでPowerShellウィンドウを開く」に置き換えます。 マイクロソフトは、すべてのパワーユーザーのために最高のコマンドラインエクスペリエンスを最前線に持っていこうと努力して、PowerShellを事実上のコマンドシェルにしました。

また、プレビュービルド14971以降、Win + Xメニュー([スタート]を右クリックすると表示されるメニュー)の[コマンドプロンプト]および[コマンドプロンプト(管理者)]エントリがPowerShellリンクに置き換えられたことを知っているかもしれません。

マイクロソフトの引用:

これ(PowerShell)は、WIN + Xメニュー、ファイルエクスプローラーの[ファイル]メニュー、およびファイルエクスプローラーの空白をShiftキーを押しながら右クリックすると表示されるコンテキストメニューのコマンドプロンプト(別名 "cmd.exe")を置き換えます。 ファイルエクスプローラーのアドレスバーに「cmd」(または「powershell」)と入力すると、その場所でコマンドシェルを起動するための迅速な方法が維持されます。 コマンドプロンプトを使用したい場合は、[設定]> [カスタマイズ]> [タスクバー]を開き、[スタート]ボタンを右クリックするかWindowsを押すと、メニューの[コマンドプロンプトをWindows PowerShellに置き換える]をオンにすることで、WIN + Xの変更を無効にすることができます。キー+ X」を「オフ」にします。

詳細については、14971プレビュービルドのお知らせ投稿をご覧ください。

PowerShellウィンドウで古いコマンドを実行することはできますが、特定のコマンドを実行するときは、「。exe」サフィックスを使用する必要があります。 たとえば、PowerShellウィンドウで「SC」コマンドを実行すると、通常のコマンドプロンプトシェルから同じコマンドを実行した場合とは異なる結果が得られます。

「SC」は、「Set-Content」PowerShellコマンドレットのエイリアスとして理解されます。 したがって、PowerShellウィンドウでSC(SC.EXE)コマンドを使用してサービスを管理するには、ファイル拡張子.EXEを入力する必要があります。 通常のコマンドプロンプト(CMD.exe)シェルは、SCがSC.EXEにすぎないことを認識していますが、同じ名前で.COM拡張子を持つファイルがパスに存在しないと想定しています。

コンテキストメニューにコマンドプロンプトを追加する

古いコマンドプロンプト(cmd.exe)が好きな場合は、レジストリの編集を使用して、ファイルシステムのフォルダーとドライブのコンテキストメニューに従来の[ここでコマンドウィンドウを開く]オプションを追加できます。

次の行をメモ帳にコピーし、拡張子.REGを付けて保存します(cmdhere.regなど)。 ファイルをダブルクリックして、レジストリ設定を適用します。

Windows Registry Editor Version 5.00 [HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\cmdprompt] @="@shell32.dll, -8506" "NoWorkingDirectory"="" [HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\cmdprompt\command] @="cmd.exe /s /k pushd \"%V\"" [HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\Background\shell\cmdprompt] @="@shell32.dll, -8506" "NoWorkingDirectory"="" [HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\Background\shell\cmdprompt\command] @="cmd.exe /s /k pushd \"%V\"" [HKEY_CLASSES_ROOT\Drive\shell\cmdprompt] @="@shell32.dll, -8506" "NoWorkingDirectory"="" [HKEY_CLASSES_ROOT\Drive\shell\cmdprompt\command] @="cmd.exe /s /k pushd \"%V\"" 

または、REGファイルをダウンロードできます。

$config[ads_text6] not found

cmd-here-windows-10.zipをダウンロード

これにより、[コマンドウィンドウをここで開く]オプションがフォルダーとドライブの右クリックメニューに追加され、クリックすると、現在のドライブまたはディレクトリパスでコマンドプロンプトウィンドウが開きます。

関連記事