エクスプローラのドット(ピリオド)の後に切り捨てられたフォルダ名

名前に1つ以上のドット(。)を含むフォルダー名がエクスプローラーで切り捨てられる場合、これはサードパーティのシェル拡張または破損したフォルダービュー設定に関係している可能性があります。

たとえば、以下のようなフォルダがあり、フォルダ名に1つ以上のドットまたはピリオド( . )が含まれている場合、次のようになります。

  • Project.5.0_Branch
  • Project.5.1_Branch
  • Project.5.2_Branch
  • Project.5.3_Branch
  • Project.5.4_Branch

ファイルエクスプローラーはそれを次のように表示するかもしれません:

  • Product.5
  • Product.5
  • Product.5
  • Product.5
  • Product.5

最後のドットと最後のドットの後の文字は切り捨てられます。 これは、[フォルダーオプション]→[表示]タブで選択した既知のファイルタイプの拡張子を非表示にしても発生することに注意してください。

TortoiseSVNをインストールした後、すべてのケースでこれが起こったことを確認しました。 これはWindowsシェル拡張として実装されており、プログラマーがプログラムのソースコードの異なるバージョンを管理するのに役立ちます。

修正:エクスプローラーでドット(ピリオド)の後にフォルダー名が切り捨てられる

この問題を解決するには、次のいずれかの方法を使用します。

1. Microsoftのファイルとフォルダーの診断を実行する

フォルダー診断のトラブルシューティングツールは、フォルダービューの設定をリセットし、ごみ箱を修復し、FolderDescriptionsレジストリキーなどを自動的に修正します。

このツールは、ほとんどのユーザーの問題を解決するはずです。

2:フォルダビューを手動またはスクリプトを使用してリセットする

フォルダビューをリセットすると、問題が解決するはずです。 上記のツールが何らかの理由でそれをリセットできない場合は、記事「Windows 10以前でのフォルダービューのリセット」に記載されているスクリプトまたは手動の手順を使用してください。

3.テストするサードパーティのシェル拡張を無効にする

Explorer.exeプロセスは、ユーザーログイン時にシェル拡張をロードします。 バギーシェル拡張機能は、フォルダービューの破損、ファイルまたはフォルダーを右クリックしたときのエラーメッセージ、ファイルエクスプローラーの応答の遅延など、さまざまな問題を引き起こす可能性があります。

「自動実行を使用してWindowsをクリーンブートする方法」の記事の「 サードパーティの拡張機能無効にする 」を参照してください。

関連記事