修正:Windows 10はデフォルトでセーフモードになり、通常モードで起動できません

PCの問題のトラブルシューティングに使用されるセーフモードは、Windowsが限られたドライバーセットを使用して基本状態で起動するモードです。 たとえば、セーフモードで問題が発生しない場合は、デフォルト設定と基本的なデバイスドライバーが問題の原因ではないことがわかります。 Windowsをセーフモードで起動する方法は次のとおりです。

場合によっては、Windowsがセーフモードでスタックし、再起動するたびにデフォルトでセーフモードになることがあります。 通常モードで起動できず、マシンがセーフモードで動かなくなった場合、問題を修正して通常モードに戻す方法を次に示します。

修正:Windowsのデフォルトがセーフモードに

  1. [スタート]を右クリックし、[実行]をクリックします。
  2. msconfigと入力し、[OK]をクリックします。
  3. これにより、システム構成ユーティリティが起動します。 システム構成ユーティリティで、[ブート]タブを選択します。
  4. マルチブートセットアップがある場合は、リストからWindowsインストールを選択します。 [Boot options]で、[Safe boot]をオフにします。

  5. 「すべてのブート設定を永続的にする」チェックボックスを有効にします。
  6. [適用]をクリックし、[OK]をクリックします。 次のプロンプトが表示されたら、[はい]をクリックします。

    「BOOT」タブで行った変更をコミットすることを選択しました。これには、現在および以前のすべての変更が含まれます。 これにより、それらの変更が永続的になり、後で変更を元に戻すことができなくなります。 続行してもよろしいですか?

コマンドプロンプトの使用

または、管理者特権のコマンドプロンプトウィンドウを開いて、次のように入力します。

 bcdedit / deletevalue {current} safeboot 

これにより、 Safeboot: Minimalブートローダー構成が削除されます。 コマンドを実行した後、Windowsを再起動します。 Windowsが再び通常モードで起動するはずです。

関連記事