フレームサーバーモードを無効にすることで、Windows 10のWebカメラの問題を修正する

Windows 10 Anniversary Updateで行われた技術的な変更により、ウェブカメラが機能せず、それぞれのソフトウェア(Logitech、Skypeなど)を使用して数分以内にハングアップするという問題が発生しました。

この問題は最初にAnniversary Updateのバグとして認識されていましたが、Redstone 1の更新では意図的な変更のようです。 マイクロソフトはMJPEGまたはH264エンコーディング標準のサポートを終了し、パフォーマンスをYUY2に移行したようです。 MJPEGまたはH264を使用するWebカメラは、記念日の更新後に正しく機能しませんでした。

Windows 10でのWebカメラの問題の修正

一方、ラファエルリベラは、この問題の回避策を見つけた可能性があります。

  1. 最初に復元ポイントを作成します。
  2. Regedit.exeを起動し、次のキーに移動します。
     HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows Media Foundation \ Platform 
  3. EnableFrameServerModeという名前のREG_DWORD値を作成し、データを0ままにします。
  4. Windows 64ビットを使用している場合は、ここで変更を加えます。
     HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ WOW6432Node \ Microsoft \ Windows Media Foundation \ Platform 

    上記のキーは、Windows 64ビットコンピューターで実行されている32ビットアプリケーション用です。

    $config[ads_text6] not found
  5. レジストリエディタを終了します。

こちらもご覧ください

  • Windows 10でWebカメラにアクセスできるアプリを制御する
  • 現在どのプログラムがWebカメラを使用しているかを見つける

参考文献

  • マイクロソフトはWindows 10アニバーサリーアップデートで数百万のWebカメラを壊しました– Thurrott.com)

関連記事