Windows 7で「User Profile Serviceサービスがログオンに失敗した」新しいユーザープロファイルエラーを修正する

新しく作成したユーザープロファイルに初めてログオンすると、プロファイルが読み込まれず、次のエラーが表示されます。

User Profile Serviceサービスがログオンに失敗しました。

ユーザープロファイルを読み込めません。

編集者注このガイドは、新しいユーザーアカウントに(初めて)ログオンするときに発生する上記の問題を修正するのに役立ちます。 既に使用している既存のアカウントのユーザープロファイルが読み込まれず(破損またはNTFSアクセス許可の誤りなどのその他の要因により)、このような場合、この記事のアドバイスは役に立ちません。

後者の場合は、「User Profile Serviceがログオンに失敗しました」というエラーメッセージが表示されるというタイトルのMicrosoftの記事の指示に従ってください。 このガイドでは、新しく作成されたユーザーアカウントの問題を解決する「デフォルト」のユーザープロファイルテンプレートを復元する方法についてのみアドバイスしています。

新しいユーザーアカウントを作成してログオンしようとすると、Windowsはデフォルトのユーザープロファイルをテンプレートとして使用して、新しく作成されたユーザーアカウントのファイルを作成します。 何らかの理由でWindowsが既定のフォルダーにアクセスできない場合、または既定のフォルダーがC:\ Usersの場所に存在しない場合、ユーザープロファイルを読み込めません。 以下は、 Usersディレクトリのデフォルトフォルダを復元する手順です。

1.管理者としてログオンします。 (注意事項)

2. Windowsエクスプローラーを使用してC:\ Usersフォルダーを開きます。

$config[ads_text6] not found

3. [ 整理 ]をクリックし、[ フォルダと検索オプション ]をクリックして、[表示]タブをクリックします

4. [ すべてのファイル、フォルダー、ドライブを表示する ]をクリックし、[OK]をクリックします。

5. 既定のユーザープロファイルフォルダがC:\ Usersの下に既に存在する場合は、名前をDefault.OLDに変更します。

6. w7-default.zipをダウンロードします。 ファイルを解凍し、内容を抽出します(「デフォルト」)。

7.抽出したフォルダーとコンテンツをC:\ Usersに移動します

新しくコピーされたDefaultフォルダーは、親フォルダーC:\ Usersからアクセス許可を継承する必要があります 。 つまり、SYSTEMとAdmninistratorsにはフルコントロールが割り当てられ、「ユーザー」と「全員」には読み取り権限があります。 権限が正しく割り当てられているかどうかを確認したい場合があります。 これを行うには、 C:\ Users \ Defaultフォルダーを右クリックして[プロパティ]をクリックし、[ セキュリティ ]タブを選択します。 そこにある許可エントリを調べます。

これですべて設定されました! 新しいユーザーアカウントにログオンして、問題が解決したかどうかを確認します。

関連記事