修正:Windows 10ファイルエクスプローラーにネットワークコンピューターが表示されない

Windows 10バージョン1803では、ホームグループ機能が削除されました。 また、Windows 10でHomeGroupを使用せずにファイルとプリンターを共有する方法も確認しました。v1803にアップデートした後、このPC-→ネットワークを開くと、ホームネットワークのコンピューター/デバイスが表示されないという問題に直面します。

このPCを開き、左側のペインで[ネットワーク]をクリックすると、ネットワークデバイスが表示されない場合があります。 この記事では、Windows 10でネットワークデバイスの検出の問題を修正する方法について説明します。

修正:Windows 10にネットワークコンピューターが表示されない

一部のシステムでは、最初にIPアドレスのUNCパス( \\IPAddress\sharename )を使用してネットワークデバイスにアクセスできました。 しばらくしてから、ホスト名メソッド( \\ComputerName\ShareName )が機能しました。 ネットワーク検出が正しく機能するまでに数分かかりました。 ネットワーク検出が機能するまで数分かかります。 それでも機能しない場合は、Windows 10サービスの構成を確認する必要があります。 さらに読む。

「Function Discovery Resource Publication」を自動開始に設定します

Function Discovery Resource Publicationは、ホームネットワーク(LAN)でのネットワーク探索を可能にするネットワーキングサービスです。

サービスの説明:このコンピューターとこのコンピューターに接続されているリソースを公開して、ネットワーク経由で検出できるようにします。 このサービスが停止すると、ネットワークリソースは公開されなくなり、ネットワーク上の他のコンピューターによって検出されなくなります。

このサービスはWindows 10で手動開始に設定されていますが、オペレーティングシステム(Windows 10 v1803)は必要に応じてサービスを開始しない場合があります。 サービスのスタートアップの種類を "自動"または "自動(遅延開始)"に変更すると、多くのユーザーに効果があるようです。 次の手順を実行します:

  1. [スタート]を右クリックし、[実行]をクリックします。
  2. services.mscと入力services.msc 、[OK]をクリックします。 これにより、サービスMMCが起動します。
  3. 下にスクロールして、「 Function Discovery Resource Publication 」サービスを見つけます。
  4. サービスをダブルクリックして、プロパティを開きます。
  5. サービスの開始タイプを自動に設定します。
  6. [OK]をクリックして、サービスMMCを閉じます
  7. Windows 10を再起動します。

コントロールパネルでネットワーク探索を有効にする

  1. コントロールパネルを開く→すべてのコントロールパネル項目→ネットワークと共有センター→ 詳細な共有設定の変更
  2. [ネットワーク検出オンにする][ネットワーク接続デバイスの自動セットアップをオンにする]を有効にします
  3. また、 [ファイルとプリンターの共有を有効にする]を有効にし、[ 変更を保存 ]をクリックします

これにより、ネットワーク検出の問題が解決されます。 それでもうまくいかない場合は、MicrosoftサポートエンジニアのJustinからのアドバイスに従ってください。

マイクロソフトは、Windows 10バージョン1803を実行しているデバイスがホームネットワーク上の他のデバイスに接続できないという報告を認識しており、この問題を調査しています。

この問題を解決するには、一部のサービスを自動(遅延開始)に設定し、Windowsを再起動します。

  1. WindowsキーとRを同時に押して、ファイル名を指定して実行ダイアログを表示します。
  2. 「実行」ダイアログにservices.mscと入力し、Enterキーを押します。
  3. 次の各サービスについて、リストからサービスを見つけ、サービスを右クリックして[プロパティ]を選択します。 次に、[スタートアップの種類]を[ 自動(遅延開始)]に設定し、[適用]を選択します。
    • コンピュータブラウザ(ブラウザ)
    • 関数検出プロバイダーホスト(FDPHost)
    • Function Discovery Resource Publication(FDResPub)
    • ネットワーク接続(NetMan)
    • UPnPデバイスホスト(UPnPHost)
    • ピア名解決プロトコル(PNRPSvc)
    • ピアネットワークグループ(P2PSvc)
    • ピアネットワークIDマネージャー(P2PIMSvc)
  4. Windowsを再起動します。

コンピューターブラウザーサービスがWindows 10にありませんか?

Windows 10 v1803では、サーバーメッセージブロック1.0機能がv1803でデフォルトで無効になっているため、コンピューターブラウザーサービスが削除されます。 コンピューターブラウザーが動作するにはSMB 1.0が必要ですが、SMB 1.0を悪用するランサムウェア攻撃(WannaCryなど)が発生した場合、セキュリティ上の理由からSMB 1.0を無効にしておくことをお勧めします。 Microsoftのブログ投稿を参照してくださいSMB1の使用を停止する| ストレージ。

注: SMB 1.0が必要な場合でも、Windows機能( OptionalFeatures.exe )を開き、「 SMB 1.0 / CIFSファイル共有サポート 」オプションをオンにすることで、SMB 1.0を有効にすることができます。 Windows 10システムでは、サブオプション「 SMB 1.0 / CIFSサーバー 」のみが有効化されていました。

このガイドが、ネットワーク接続されたコンピューター/デバイスがこのPC→ネットワーク(近隣)に表示されない問題の解決に役立つことを願っています。

関連記事