修正:ダウンロード時にMP3ファイルが誤ったファイル拡張子で保存される

Internet Explorerまたはその他のブラウザを使用して.mp3ファイルをダウンロードする場合、[ 名前を付けて保存]ダイアログに誤ったファイル拡張子( .mp3ではなく.mp2または.mpeg )が追加されることがあります。 これが発生するたびに、ファイル拡張子を手動で.mp3に変更する必要があります。

特定のWebサイトから.mp3ファイルをダウンロードするときにこの問題が発生する場合、Webサーバーが.mp3の間違ったMIMEタイプを送信している可能性があります(IISのデフォルトのMIME設定)。管理者が修正する必要があります。

一方、この問題がすべてのWebサイトで発生する場合は、システムのコンテンツタイプレジストリ設定が正しくない可能性があります。

方法1

Windows XPの手順

1. [ スタート]をクリックし、 プログラムのアクセスとデフォルトを設定します

2. [ カスタム]をクリックしてセクションを展開します

3. [ デフォルトのメディアプレーヤーの選択]で [ Windows Media Player]を選択します

4. OKをクリックします。

Windows Vistaの手順

1. [ スタート] 、[ デフォルトのプログラム ]の順にクリックします

2. [ プログラムのアクセスと既定の設定]をクリックします

3.ユーザーアカウント制御(UAC)プロンプトが表示されたら、[ 続行]をクリックします。

4. [ カスタム]をクリックしてセクションを展開します

5. [ デフォルトのメディアプレーヤーの選択]で [ Windows Media Player]を選択します

6. OKをクリックします。

これにより、Windows Media Playerがシステム内のメディアファイルのデフォルトプレーヤーとして設定されるだけでなく、多くのファイルタイプの誤ったMIME設定が自動的に修正されます。

方法2

mp3_mime_fix.zipをダウンロードしてデスクトップに保存します。 アーカイブを解凍し、ファイルmp3_mime_fix.regを実行します。 確認を求められたら、[ はい]をクリックします。 この.REGファイルは、次のレジストリブランチの下の設定を修正します。

[HKEY_CLASSES_ROOT \ MIME \ Database \ Content Type \ audio / mp3] [HKEY_CLASSES_ROOT \ MIME \ Database \ Content Type \ audio / mpeg] [HKEY_CLASSES_ROOT \ MIME \ Database \ Content Type \ audio / mpg]

関連記事