修正:Google Chromeが明確な閲覧データでフリーズする

Google Chromeバージョン74.0.3729.nnnに更新した後、多くのユーザーが[ 閲覧データ消去 ]オプションが機能しないという問題に直面しています。 このオプションをクリックするとChromeがハングし、キャッシュはクリアされません。 [ データを消去 ]をクリックすると、青い円が何時間も回転し続けます。 この問題は、Chromeブラウザのキャッシュサイズに関係なく発生します。

グーグルはこの問題を認め、bugs.chromium.comの「 閲覧履歴を削除できないというユーザーレポート」ページに返信を投稿したようです。 返信は言う:

修正はカナリアに含める必要があります:76.0.3789.2が利用可能になりました。 人々はそれをカナリアで試して、それが修正されたかどうかを確認できますか?

Googleがメインストリームビルドの閲覧データ消去問題の修正をリリースするまで、いくつかの回避策があります。

修正:Google Chromeが明確な閲覧データでフリーズする

chrome://extensions/を介してすべてのChrome拡張機能をオフにし、アドレスバーにchrome://restartと入力してChromeをchrome://restartし、Enterキーを押します。

Chromeが再起動したら、閲覧データを削除してみてください。 必要な拡張機能を再度有効にします。

それでも問題が解決しない場合は、エクスプローラーを使用してChromeブラウザーのキャッシュを手動でクリアします。

  1. Google Chromeのすべてのインスタンスを閉じます。
  2. タスクマネージャにchrome.exeインスタンスが表示されていないことを確認します。
  3. 次のフォルダを開きます。
     C:\ Users \%username%\ AppData \ Local \ Google \ Chrome \ User Data \ Default \ 
  4. Cacheという名前のフォルダの名前をCache.OLD

  5. Google Chromeを再起動します。
  6. 後でcache.OLDフォルダーをクリアします。

上記の例では、 デフォルトのプロファイルフォルダーを使用していることを前提としています。 別のプロファイルフォルダーを使用している場合、フォルダー名はProfile 1Profile 2Profile 3などになります。

Google Chromeブラウザプロファイルの正確なプロファイルフォルダ名/パスを見つけるには、アドレスバーにchrome://versionと入力します。 結果のページでは、現在のGoogle Chromeセッションのプロファイルパスを確認できます。

上記の例では、このフォルダーの下のキャッシュフォルダーの名前を変更する必要があります。

 C:\ Users \%username%\ AppData \ Local \ Google \ Chrome \ User Data \ Profile 3 \ 

別のオプションは、 CCleanerなどのサードパーティのクリーナーを使用してChromeキャッシュを自動的にクリアすることです。

関連: Chromeブラウザをデフォルト設定にリセット

関連記事