イベントログサービスの起動エラー1079の修正

イベントビューアを起動すると、次のエラーメッセージが表示される場合があります。

イベントログサービスは利用できません。 サービスが実行されていることを確認します。

イベントログサービスを開始しようとすると、次のエラーが発生します。

Windowsは、ローカルコンピューターでWindowsイベントログサービスを開始できませんでした。

エラー1079:このサービスに指定されたアカウントは、同じプロセスで実行されている他のサービスに指定されたアカウントとは異なります。

Windowsイベントログサービスが実行されていないため、タスクスケジューラを起動すると次のエラーが発生します。

Windowsはローカルコンピューターでタスクスケジューラサービスを開始できませんでした。

エラー1068:依存関係サービスまたはグループを開始できませんでした。

この問題は電子メールで読者から報告され、修正されました。 サービスのログオンアカウントが正しく設定されていない場合、サービス起動エラー1079が発生します。 通常、これはサービスMMC(services.msc)を介して(プロパティシートの[ログオン]タブを介して)サービスログオンアカウントを修正することで解決します。

これは、Windowsイベントログの場合は実行できません。[ログオン]タブのコントロールは、デフォルトではグレー表示のままです。

したがって、次の場所にあるObjectNameレジストリ値を変更する必要があります。

HKEY_LOCAL_MACHINE \ SYSTEM \ CurrentControlSet \ services \ eventlog

レジストリエディター(Regedit.exe)を起動し、上記のブランチに移動します。

ObjectName値をダブルクリックし、そのデータをNT AUTHORITY \ LocalServiceとして設定します{Windows VistaおよびWindows 7の場合}

ObjectName値をダブルクリックし、そのデータをLocalSystemとして設定します{Windows XPの場合}

Windowsを再起動します。

レジストリの修正

上記の設定を自動化するには、 eventlog-svc-fix.zipをダウンロードし、オペレーティングシステムに適用可能なREGファイルを実行します。 zipファイルには、Windows XPおよびWindows 7 / Vista用のREG修正が含まれています。 修正を適用した後、Windowsを再起動します。

関連記事