Windows 7で画像ファイルを編集する際のエラー「PhotoViewer.dllの起動に問題がありました」を修正

Windows VistaコンピューターをWindows 7にアップグレードした後、JPG / JPEG画像を右クリックして[編集]をクリックすると、次のエラーメッセージが表示されることがあります。

C:\ Program Files \ Windows Photo Gallery \ PhotoViewer.dllの起動中に問題が発生しました

指定されたモジュールが見つかりませんでした。

これは、WindowsフォトギャラリーがWindows 7にアップグレードする前のデフォルトの画像エディターであった場合に発生します。Windows7では、Windowsフォトギャラリーの特定の機能が切り捨てられ、Windowsフォトビューアーと呼ばれます。 また、 PhotoViewer.dllおよびその他のファイルは、「C:\ Program Files \ Windows Photo Viewer」フォルダに移動さ​​れます。

Windows VistaのWindowsフォトギャラリーの上部にある[修正]ボタンをクリックすると、クリックすると次のツールを含む追加のペインが表示されます。

  1. 自動調整
  2. 露出を調整する
  3. 色を調整
  4. 画像をトリミング
  5. 赤目を修正

この機能はWindows 7で削除され、Windows 7のWindowsフォトビューアーを使用して画像を表示できます。 回避策として、別の画像エディターを使用して、対応する画像ファイルタイプに関連付けることをお勧めします。 (REF:Windows 7で画像を右クリックして編集できないのはなぜですか?)

次のオプションがあります。

オプション1:jpeg画像ファイルタイプから「編集」動詞を削除する

jpegfileクラスの「編集」動詞は、Windows Vistaインストールから引き継がれました。 このエントリを削除すると、Microsoftペイントは自動的に指定したファイルタイプのデフォルトの画像エディタになります。 jpegファイルの「編集」動詞を削除するには、Regedit.exeを起動して次の場所に移動します。

HKEY_CLASSES_ROOT \ jpegfile \ shell \ edit

編集」を右クリックして、「削除」を選択します。

(Windows 7のクリーンインストールでは、 編集キーはjpegfileの下に存在しないことに注意してください。)

レジストリエディタを終了します。

オプション2:別のエディターをデフォルトとして設定する

エントリを削除するのではなく、別の画像エディターアプリケーションを指す次のキーの(デフォルト)動詞を置き換えることができます。

HKEY_CLASSES_ROOT \ jpegfile \ shell \ edit \コマンド

それに応じて(デフォルトの)値を設定します。 「C:\ Program Files \ My Img Editor \ editor.exe」と言います"%1"

オプション3:Windows Liveフォトギャラリーをインストールする

Windows Liveフォトギャラリーをダウンロードして、セットアップを実行します。

[ フォトギャラリー]と 、インストールする他のWindows Live製品を選択します。

インストールしたら、スタートメニューからWindows Liveフォトギャラリーを起動します…

JPG、TIF、PNG、WDP、BMP、ICOファイルをWindows Liveフォトギャラリーに関連付けるように求められたら、[ はい]をクリックします。 画像ファイルをダブルクリックするか、右クリックメニューから[ 編集 ]を選択すると、Windows Liveフォトギャラリーが開きます。

Windows Liveフォトギャラリーは、Windows VistaのWindowsフォトギャラリーと同様のインターフェイスを提供しますが、右側のペインにいくつか(さらに3つ)の追加ツールがあります。

  1. 自動調整
  2. 露出を調整する
  3. 色を調整する
  4. 写真をまっすぐにする
  5. 写真の切り抜き
  6. 詳細を調整
  7. 赤目を修正
  8. 黒と白の効果

関連記事