ログオン時に「スクリプトファイルC:\ WINDOWS \ run.vbsが見つかりません」を修正

コンピューターにログオンすると、タイトルがWindows Script Hostである「スクリプトファイルC:\ WINDOWS \ run.vbsが見つかりません」というエラーが、黒い背景の空白の画面に表示されます。 これは、マルウェアがUserinitレジストリ値を変更し、Windowsのデフォルト値のデータをVBScriptファイル名に置き換えた場合に発生します。

重要#1:この投稿では、Userinitの値を修正する方法を説明しているだけなので、ユーザープロファイルにアクセスできます。 一方、問題の原因となったマルウェアは依然としてアクティブで、システムに潜んでいる可能性があります。 そしてこの場合、問題はシステムにコアコンポーネントを追加する複雑なマルウェアによって引き起こされたようで、削除プロセスを困難にします。 そのため、システムで専門的にマルウェアをチェックし、マルウェアを完全に排除すること強くお勧めします。

Userinit値の修正

注:マルウェアによって無効にされたDisableTaskMgrポリシーが原因でタスクマネージャーが開かない場合は、Recovery Environmentから次の手順を実行してください。 Windows回復環境を使用してレジストリをオフラインで編集する方法の記事を確認してください。 詳細については。

ログイン認証情報を入力すると、 ログイン画面の準備でシステムが停止する場合があります。 Ctrl + Alt + Delキーを押し、[タスクマネージャ]をクリックします。 上記のエラーメッセージダイアログが表示されたら、ダイアログを閉じて、タスクマネージャウィンドウに切り替えます。 Userinitレジストリ値で参照されるファイルは、ユーザーインターフェイスが読み込まれる前でも実行されます。 エクスプローラーシェルを起動するには、[タスクマネージャー]ウィンドウに切り替え、[ファイル]をクリックして、[新しいタスクを実行]を選択します。 explorer.exeと入力し、Enterキーを押します。

レジストリエディター(Regedit.exe)を起動し、次の場所に移動します。

 HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows NT \ CurrentVersion \ Winlogon 

Userinit値をダブルクリックし、値のデータを次のように変更します。

 wscript C:\ WINDOWS \ run.vbs、 

次へ:[ 注意:入力するときは特に注意してください。 wscriptパーツを削除する必要があります 。]

 C:\ Windows \ system32 \ userinit.exe、 

*重要#2 *: WindowsがC:\以外のドライブにインストールされている場合は、実際のドライブ文字とパスを入力します。 また、上記のように、末尾にコンマ( )を含めます。 Userinitの値を入力するときは、細心の注意を払ってください。誤ったファイル名またはパスを入力すると、ユーザーアカウントにログオンできなくなります。 間違ったパスを入力してユーザーアカウントからロックアウトされた場合、私は責任を負いません。

レジストリエディタを終了します。

Userinit.exeが正しくロードされ、ログオンスクリプトの実行などの初期化または予備ジョブが実行されるように、ログオフして再度ログインします。

これにより、 run.vbsログオンエラーメッセージが修正されます。 Vbscriptファイルrun.vbsはウイルス対策ソフトウェアによって削除されている可能性がありますが、完全なスキャンを実行することをお勧めします。

関連記事