修正:Api-ms-win-core-libraryloader-l1-1-1.dll Windows 10のアップグレード中にエラーが見つからない

WIndows 10 Update Assistantツールを使用してWindows 7コンピューターからWindows 10にアップグレードしようとすると、次のエラーがポップアップする場合があります。

Windows10UpgraderApp.exe –システムエラー

コンピュータにapi-ms-win-core-libraryloader-l1-1-1.dllが見つからないため、プログラムを開始できません。 プログラムを再インストールして、この問題を修正してください。

正確には、Microsoftのアップデートアシスタントユーティリティを使用してWindows 7からWindows 10 Fall Creators Update v1709にアップグレードすると、モジュールapi-ms-win-core-libraryloader-l1-1-1.dll参照するエラーメッセージが表示されます。 このエラーは、Microsoftが間違ったバージョンのDLLをアップグレードアプリにパッケージ化したために発生します。 そして、最終的な修正は、 C:\Windows10Upgrade\wimgapi.dllC:\Windows\System32\wimgapi.dllです。

  1. ファイルエクスプローラーを開き、 Windows\System32フォルダーを参照します。
  2. wimgapi.dllファイルを見つけます。 右クリックして[コピー]を選択します。
  3. C:\Windows10upgradeフォルダーを参照します。
  4. フォルダの背景領域を右クリックし、[貼り付け]をクリックします。
  5. 次に、 wimgapi.dllファイルを新しいファイルで置き換えるかどうかを尋ねられます。 はいを選択します。
  6. フォルダを閉じて、アップグレードアシスタントを再起動します。

アップグレードはスムーズに進行するはずです!

参照:Windows10Upgradeフォルダーとは何ですか?削除できますか?

関連記事