Aeroシェイク機能の修正がWindows 7で機能しなくなる

AeroシェイクはWindows 7で導入された機能で、アプリケーションのタイトルバーをクリックしてマウスでシェイクすると、開いている他のすべてのWindowsを最小化できます。 これにより、他のすべてのアプリケーション(そのアプリケーションウィンドウを除く)が自動的に最小化されます。 この機能は、Windows 7のHome Premium、Professional、Ultimate、Enterpriseの各エディションで利用できます。AeroShakeがPCで突然動作を停止し、Aero Troubleshooterを実行しようとした場合、次のことができます。試してみてください。

編集者注:Aero Snap(自動ウィンドウドッキング)機能を最近無効にした場合、Aero Shakeも無効になります。 これについて言及している公式ドキュメントは見つかりません。

Aero SnapとAero Shakeを有効にする

1. [スタート]をクリックし、検索ボックスに「 dock 」と入力します。

2.検索結果の[ 自動ウィンドウ配置オフにする]をクリックします

3.次のオプションをオフにします。

画面の端に移動したときにウィンドウが自動的に配置されないようにする

4. [ OK]をクリックして、コントロールパネルを閉じます。

これにより、Aero SnapおよびAero Shake機能が有効になります。 それでも「シェイク」機能が機能しない場合は、誰かがレジストリまたはサードパーティプログラムを使用して設定を有効にしている可能性がある場合に備えて、ポリシー設定によって無効にされているかどうかを確認する必要があります。

$config[ads_text6] not found

Aeroシェイクポリシー設定の無効化

レジストリエディターの使用

1. [スタート]をクリックし、「 Regedit.exe」と入力て{ENTER}を押します

2.次のブランチに移動します。

HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Policies \ Microsoft \ Windows \ Explorer

3. NoWindowMinimizingShortcutsという名前の値を削除します

4.レジストリエディターを終了します。

5.ログオフして再度ログインします。

グループポリシーエディターの使用

続行する前に、グループポリシーエディターはWindows 7のProfessional、Ultimate、およびEnterpriseエディションでのみ使用できることを理解してください。

1. [スタート]をクリックし、 gpedit.mscと入力して{ENTER}を押します

2.次のブランチに移動します。

ユーザー設定| 管理用テンプレート| デスクトップ

3. [ マウスのジェスチャーを最小化するAero Shakeウィンドウをオフにする ]をダブルクリックします

4. [ 無効 ]に設定し、[ 適用 ]をクリックします

5. [ 未構成 ]に設定し 、[ OK ]をクリックします

6.グループポリシーエディターを終了します。

7.ログオフして再度ログインします。

関連記事