エラー「選択したタスク '名前'は存在しません」タスクスケジューラの開始

スケジュールされたタスクが破損すると 、タスクスケジューラを起動するたびに、 選択したタスク が存在しない、または選択したタスク "{0}" が存在しないなどのエラーが表示される場合あります。 完全なエラーメッセージはそのままです。

選択したタスク「{0}」は存在しません。現在のタスクを表示するには、「更新」をクリックしてください。選択したタスク「」は存在しません。 現在のタスクを表示するには、[更新]をクリックします。タスク:タスクのイメージが破損しているか、改ざんされています。

これは、組み込みタスクCreateChoiceProcessTaskが何らかの理由で破損し、エラーが表示された場合です。

図1:選択したタスク「CreateChoiceProcessTask」は存在しません。 現在のタスクを表示するには、[更新]をクリックします。

また、このエラーは、 Event ID 414イベントログに記録される場合があります。

タスクスケジューラサービスは、NT TASK \ CreateChoiceProcessTask定義の構成に誤りを見つけました。

追加データ:エラー値:C:\ Windows \ System32 \ browserchoice.exe。

この記事では、タスクスケジューラでエラー「 選択したタスク '名前'は存在しません 」を修正する方法について説明します。

関連:システムイベントログ内のイベントID 414タスクの構成エラーを修正する方法

原因

関連プログラムのアンインストール後に、スケジュールされたタスクのレジストリエントリが破損したか、エントリが残っている場合、エラー「選択したタスク 'Name'は存在しません」が発生します。 タスクが破損した場合、 SchTasks.exeまたはAutorunsなどのサードパーティツールが破損したタスクをリストしないため、ほとんどの場合、レジストリを編集して修正する必要があります。

タスクスケジューラで「選択したタスクは存在しません」を修正

タスクスケジューラを起動したときの「選択したタスク '名前'は存在しません」エラーを修正する方法は次のとおりです。

方法1:SchTasksを使用してタスクを削除する

管理コマンドプロンプトウィンドウを開き、次のように入力します。

 schtasks / delete / TN 

この例では、次のように入力します。

 schtasks / delete / TN "CreateChoiceProcessTask" 

次のエラーが発生した場合は、以下の方法2で説明されているようにレジストリを編集して、破損したタスクを削除する必要があります。

エラー:指定されたタスク名「CreateChoiceProcessTask」はシステムに存在しません。

方法2:レジストリエディターを使用してタスクを削除する

  1. システムの復元ポイントを作成します。
  2. Regedit.exeを起動し、次のキーに移動します。
     HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows NT \ CurrentVersion \ Schedule \ TaskCache \ Tree 
  3. [検索]オプションを使用して、削除するタスク名(例:「 CreateChoiceProcessTask 」)を検索します。 タスクが最初に作成された場所に応じて、ツリーの下のサブフォルダーの1つの下、または「ツリー」のすぐ下にあります。
  4. Idという名前の値に指定されている右側のペインのGUID文字列を書き留めます。

    この例のGUID文字列は{1336CAA8-3056-44E8-A14B-71ECDA26EC95}です。 これは、タスクの作成時にランダムに生成されます。したがって、すべてのシステムで同じGUIDではありません この文字列をメモ帳でメモします。

  5. ブランチCreateChoiceProcessTaskを右クリックし、[削除]を選択します
  6. 次に、前にメモしたGUID文字列サブキーを次のキーから削除します。
     HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows NT \ CurrentVersion \ Schedule \ TaskCache \ Boot(または)HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows NT \ CurrentVersion \ Schedule \ TaskCache \ Logon(または)HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows NT \ CurrentVersion \ Schedule \ TaskCache \ Maintenance(または)HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows NT \ CurrentVersion \ Schedule \ TaskCache \ Plain( and )HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows NT \ CurrentVersion \ Schedule \ TaskCache \ Tasks 
  7. レジストリエディタを終了します。

タスクファイルを削除する

方法1または方法2の手順を完了した後、エクスプローラーを開き、 C:\Windows\System32\Tasksフォルダーを参照します。 CreateChoiceProcessTaskファイル(エラーメッセージダイアログに表示されるタスク名と同じ)を検索し、見つかった場合はファイルを削除します。 ファイルは、タスクが最初に作成された場所に応じて、 Tasksフォルダーまたはサブフォルダーのいずれかに存在する可能性があります。

$config[ads_text6] not found

それでおしまい! タスクスケジューラに「 選択したタスクは存在しません 」というエラーメッセージと「選択したタスク "{0}"は存在しません現在のタスクを表示するには、[更新]をクリックしてください」が表示されなくなります

関連記事