Windows 10設定アプリで非表示の「共有オプション」ページを有効にする

ファイルエクスプローラーの[共有]タブで[共有]ボタンをクリックするか、UWPアプリから共有オプションを呼び出すと、画面の右側に共有ペインが開き、「共有ターゲット」をサポートするアプリのリストが表示されます。 いくつか挙げると、Twitter、Mail、OneNoteなどのアプリにこの機能があり、デフォルトで右側のペインに表示されます。

たとえば、リストから[メール]を選択し、「スクリーンショット(2).png」ファイルをメールアプリに添付して、新規メッセージまたは作成ウィンドウの添付ファイルとして自動的に送信できます。

Windows 10には新しい隠しレジストリ設定があり、これを使用して、一覧表示するアプリを構成したり、[共有]ウィンドウに表示されるアプリの数を制限したりできます。

設定アプリで「共有オプション」ページを有効にする

まず、設定アプリで非表示の「共有」オプションページを有効にするには、次の手順に従います。

レジストリエディター(Regedit.exe)を起動し、次の場所に移動します。

 HKEY_CURRENT_USER \ Control Panel 

EnableShareSettingsという名前のDWORD値を作成します

EnableShareSettingsをダブルクリックし、その値のデータを

レジストリエディタを終了します。

共有オプションページにアクセスする

設定アプリを閉じて、再度開きます。 システムをクリックします。

下部に(「概要」の後に)「共有」という名前の新しいカテゴリが表示されます。

[共有]をクリックすると、[共有オプション]ページが開き、次のオプションを構成できます。

  • よく使うアプリをアプリリストの一番上に表示する
  • 最もよく共有する方法のリストを表示する
  • リスト内のアイテム(最小は1、最大は20)

また、[これらのアプリを使用して共有する]セクションにリストされている個々のアプリのラジオボタンをオフにして、特定のアプリを[共有]パネルに表示しないようにすることもできます。

リストから3D Builderを無効にしています…

共有パネルから非表示になりました。

v1607(Anniversary Update)およびCreator's Update Previewビルドでテストされています。

クレジット:Deskmodder GermanブログによるMDL。

関連記事