DISMエラー50「DISMはWindows PEのサービスをサポートしていません」

DISMツールを( /onlineスイッチを指定して)実行してオペレーティングシステムコンポーネントの状態をスキャンまたは復元すると、 Error 50がスローされる場合があります。 完全なエラーメッセージはそのままです。

展開イメージのサービスと管理ツール

バージョン:10.0.16299.15エラー:50

DISMでは、/ Onlineオプションを使用したWindows PEのサービスはサポートされていません。

DISMログファイルはC:\ Windows \ Logs \ DISM \ dism.logにあります

これは、実行中のWindows 8/10インストールのコンポーネントをスキャンまたは修復するために次の/onlineコマンドのいずれかを実行した場合に発生する可能性があります。

 Dism /オンライン/ Cleanup-Image / CheckHealth Dism /オンライン/ Cleanup-Image / ScanHealth Dism /オンライン/ Cleanup-Image / RestoreHealth 

関連記事:DISMとSFCを使用してWindows 10を修復する

DISMはWindows PEを実行していると考えています

明らかに、DISMツールは、Windowsプレインストール環境(Windows PE)またはWindows回復環境(Windows RE)から使用していると見なしますが、 実行中のオペレーティングシステムでツールを実行している可能性があります。 次のレジストリキーが存在すると、WindowsはWindows PEを実行していると見なします。

$config[ads_text6] not found
 HKEY_LOCAL_MACHINE \ SYSTEM \ CurrentControlSet \ Control \ MiniNT 

Windows PEはスタンドアロンのプレインストール環境であり、Windowsのセットアップ、Windows展開サービス(Windows DS)、Windows回復環境(Windows RE)などの他のセットアップおよび回復テクノロジの不可欠なコンポーネントです。

「MiniNT」キーは、Windowsのインストール時にデフォルトでは存在しません。 キーがレジストリでどのように終了したかについては、ReFSファイルシステムフォーマットを有効にするために、ユーザー(またはサードパーティプログラム)が次のレジストリの微調整を適用した可能性があります。
 [HKEY_LOCAL_MACHINE \ SYSTEM \ CurrentControlSet \ Control \ MiniNT] "AllowRefsFormatOverNonmirrorVolume" = dword:00000001 

Resilient File System(ReFS)は、NTFSの後に「次世代」のファイルシステムになることを目的としたMicrosoft独自のファイルシステムです。 詳細については、Microsoft Docs post Resilient File System(ReFS)overviewを参照してください。

エラー50「DISMはWindows PEのサービスをサポートしていない」を修正

DISMエラーを修正するには:50「DISMはWindows PEのサービスをサポートしていません」、次の手順を使用してMiniNTレジストリキーを削除します。

    1. [スタート]を右クリックし、[実行]をクリックします。
    2. regedit.exeと入力し、[OK]をクリックします。
    3. 次のレジストリキーに移動します。
       HKEY_LOCAL_MACHINE \ SYSTEM \ CurrentControlSet \ Control \ MiniNT 

    4. [ MiniNT ]を右クリックし、[削除]を選択します
    5. レジストリエディタを終了します。
    6. 通常、再起動は必要ありません。 DISMを今すぐ実行できるかどうかを確認してください。

これにより、DISMエラーが修正されます。Windowsでは、「DISMはWindows PEのサービスをサポートしていません」。

関連記事