デスクトップアイコンが突然タイルビューモードに変更される

デスクトップが突然タイル表示モードに変わった場合は、フォルダー表示モードを変更するショートカットキーを誤って押した可能性があります。

(これは、フォルダービューの「バッグ」レジストリキーの破損が原因で発生する場合もあります。)

デスクトップビューモードをデフォルトにリセットする

デスクトップのデフォルトの表示モードをリセットするには、次のいずれかの方法を使用します。

右クリックメニューからいずれかのアイコンビューを選択します

[デスクトップ]を右クリックし、[表示]をクリックして、アイコンビュー(小|中|大)のいずれかを選択します。

キーボードショートカットの使用

デスクトップビューを変更するために使用できるキーボードの組み合わせは次のとおりです。 最初に、デスクトップ上のフォーカスを設定するために、デスクトップ上の空の領域をクリックします。

  • Ctrl + Shift + 1(非常に大きなアイコン)
  • Ctrl + Shift + 2(大きいアイコン)
  • Ctrl + Shift + 3(中アイコン)
  • Ctrl + Shift + 4(小さいアイコン)
  • Ctrl + Shift + 5(リスト)
  • Ctrl + Shift + 6(詳細)
  • Ctrl + Shift + 7(タイル)
  • Ctrl + Shift + 8(コンテンツ)*

* Windows 10でテストしたところ、Ctrl + Shift + 8(コンテンツ)モードは機能していないようです。表示モードをタイルに設定するだけですが、Ctrl + Shift + 7ビューモードに比べて、アイコンが少し縮小されます。 。

レジストリエディターの使用

1. Explorerを完全に終了します。 エクスプローラを終了して再起動する方法を参照してください。

2. CTRL + SHIFT + ESCを使用してタスクマネージャを開きます

3.タスクマネージャで、[ファイル]、[新しいタスクを実行]の順にクリックします

4. Regedit.exeと入力し、Enterキーを押します

5.レジストリエディターで、次のブランチに移動します。

 HKEY_CURRENT_USER \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ Shell \ Bags \ 1 \ Desktop 

6.次の値を削除します。

  • LogicalViewMode
  • モード

7.レジストリエディターを終了します。

8.タスクマネージャから新しいexplorer.exeタスクを作成します。

これにより、デスクトップがデフォルトの表示モードに設定された状態でエクスプローラシェルが再起動します。 それでおしまい!

詳しくは

LogicalViewModeレジストリ値は、次の値データのいずれかを使用できます。

  • 1(詳細)
  • 2(タイル)
  • 3(アイコン)
  • 4(リスト)
  • 5(コンテンツ)

モードは、次の値データのいずれかを使用できます。

  • 1(アイコン)
  • 2(SMALLICON)
  • 3(リスト)
  • 4(詳細)
  • 5(サムネール)
  • 6(タイル)
  • 7(THUMBSTRIP)
  • 8(コンテンツ)

MSDN記事のFOLDERVIEWMODEおよびFOLDERLOGICALVIEWMODE列挙には、フォルダビューモードに関するすべての情報が含まれています。

関連記事