Windows USB / DVDツールまたはRufusを使用してISOから起動可能なUSBフラッシュドライブを作成する

DVDドライブのないネットブックまたはスモールフォームファクターコンピューターを所有していますが、Windows(7、8、または10)をインストールしますか? この記事では、起動可能なUSB Windowsセットアップメディアを作成するさまざまな方法について説明します。

始める前に 、UEFIベースのコンピューター用の起動可能なUSBメディアを作成するためのソフトウェアは必要ないことに注意してください。 UEFIベースのコンピューターの場合、USB Windowsセットアップディスクを作成するには、USBドライブを(NTFSではなく) FAT32としてフォーマットし、WindowsセットアップISOをドライブにマウントして、マウントされたドライブの内容全体をコピーするだけです。 USBドライブに。

これは、UEFIベースのコンピューターでドライブを起動可能にするのに十分です。

UEFIベースのコンピューター用のUSBブートメディアを準備するために、この記事の方法を使用する必要はありません。 Windows USB / DVDツールは、ディスクをNTFSとしてフォーマットします。つまり、UEFIベースのシステムでは機能しません。 UEFIベースのシステムの場合、ディスクをFAT32としてフォーマットする必要があります。

レガシ (BIOS / MBR)システムの場合、この記事の3つの方法のいずれかに従って、USB Windowsセットアップディスクを作成します。

Windows USB / DVDダウンロードツールを使用してISOから起動可能なUSBフラッシュドライブを作成する

MicrosoftのWindows USB / DVDダウンロードツールはISOイメージを取得し、Windowsのインストールに使用できる起動可能なUSBデバイスを作成します。 ユーティリティは、ISOファイルからWindowsインストールDVDを作成することもできます。

$config[ads_text6] not found

Windows USB / DVDダウンロードツールをダウンロードします。 ISOイメージをUSBフラッシュドライブにコピーするには、ドライブに十分なディスク領域があることを確認します。 OSによってISOファイルサイズは異なります。 Windows 10 ISOファイルのサイズはビルド/バージョンごとに大きくなるため、最低8 GBの容量のドライブを使用してください。 Windows 10 Fall Creators UpdateのISOサイズは4.4 GBです。

キャプションには「Windows 7 USB / DVDツール」と書かれていますが、Windows 10では問題なく機能します。

あらかじめUSBフラッシュドライブ(またはDVDメディア)をドライブに挿入してください。

このツールは、MicrosoftからダウンロードしたWindows ISOイメージに対してのみ機能します。

Rufus:起動可能なUSBドライブを作成するための高度なツール

また、Rufusという名前の高度なISO / DVD to USBツールも見てください。 このユーティリティは、USBキー/ペンドライブ、メモリスティックなどの起動可能なUSBフラッシュドライブをフォーマットして作成するのに役立ちます。

Rufus – ISO to USBブートメディアクリエーター。

Rufusは非常に高速であり、このツールは次のような場合に特に役立ちます。

  • ブータブルISO(Windows、Linux、UEFIなど)からUSBインストールメディアを作成する必要があります。
  • OSがインストールされていないシステムで作業する必要がある
  • DOSからBIOSまたは他のファームウェアをフラッシュする必要がある
  • 低レベルのユーティリティを実行したい

ソフトウェアを使用せずにUSBブート可能なWindowsセットアップディスクを作成する

この記事で前述したように、 UEFIベースのコンピューターの場合、Windowsセットアップディスクを作成するには、ディスクをFAT32としてフォーマットし、ISOをドライブにマウントし、マウントされたドライブの内容全体をUSBにコピーするだけです。ドライブ。 これは、UEFIベースのコンピューターでドライブを起動可能にするのに十分です。

レガシー (BIOS / MBR)システムの場合、次の手順に従ってWindows 10セットアップUSBディスクを作成します。

  1. ドライブにUSBフラッシュディスクを挿入します。
  2. adminコマンドプロンプトを開き、 diskpartコマンドを実行します。
  3. ドライブのリストを表示するには、 list diskコマンドを実行します。 USBメディアのディスク番号を書き留めます。 USBドライブを簡単に識別できるように、このコマンドを実行する前に追加の外部ドライブを切断することをお勧めします。
  4. 私の場合、ディスク3はUSBドライブなので、次のコマンドを入力してディスクを選択します。
     ディスク3を選択 
  5. 次に、次のコマンドを実行して、USBディスクの内容を完全に消去します。
     掃除 

  6. 次に、次のコマンドを実行します。
     パーティションの作成プライマリセレクトパーティション1アクティブフォーマットfs = ntfsクイック 

    重要な注意:コンピューターが統合拡張ファームウェアインターフェイス(UEFI)をサポートしている場合は、USBフラッシュドライブをNTFSではなくFAT32としてフォーマットする必要があります。 パーティションをFAT32としてフォーマットするには、 format fs=fat32 quickと入力し、Enterキーをformat fs=fat32 quickます。

  7. 完了したら、 assignコマンドを実行し、 exitと入力してDiskpartコマンド環境をexitします。 これで、WindowsはUSBドライブにドライブ文字(この例ではG:\ )を再割り当てします。
  8. WindowsセットアップISOをダブルクリックしてマウントします。

  9. マウントされたISOドライブ( H:\ )の内容全体をUSBフラッシュドライブ( G:\ )にコピーします

  10. adminコマンドプロンプトウィンドウに切り替えて、次のコマンドを実行しますH:\はマウントされたWindows ISOのドライブ文字、 G:\はUSBドライブ文字です。
     H:cd \ boot bootsect.exe / nt60 G: 

    次の出力が表示されます。

     ターゲットボリュームは、BOOTMGR互換のブートコードで更新されます。 G:(\\?\ Volume {589fd5fb-bd84-11e8-a90e-1866da06b846})FAT32ファイルシステムのブートコードが正常に更新されました。 すべてのターゲットボリュームでブートコードが正常に更新されました。 

    bootsect.exeコマンドラインは、指定されたパーティションにブートセクターコードをビルドします。

それでおしまい! これでUSBドライブが起動可能になり、そこからWindowsをインストールできるはずです。

このガイドが、さまざまな方法で起動可能なUSB Windowsセットアップディスクを作成するのに役立つことを願っています。

関連記事