Windows 10でのCortana検索レジストリの微調整

Windows 10 Redstone 2ビルド以降では、Cortana検索テキストボックスを最上部に移動し、テキストボックスの境界線の色と太さを変更できます。 また、テキストボックスの近くに検索記号と送信ボタンを追加して、レジストリを微調整することもできます。

  • Cortana検索ボックスを一番上に移動する
  • 検索グリフを追加し、検索ボックスの近くにボタンを送信します
  • 検索ボックスの枠の色と幅
  • 「何でも聞いてください」というデフォルトのテキストを削除する
  • Cortanaをフローティングウィンドウとして表示する

Cortana検索ボックスを一番上に移動する

Regedit.exeを起動し、次の場所に移動します。

 HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Search \ Flighting \ 0 \ SearchBoxOnTop HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Search \ Flighting \ 1 \ SearchBoxOnTop 

上記のレジストリブランチで、「Value」という名前のDWORD値をダブルクリックし、そのデータを

検索グリフを追加し、検索ボックスの近くにボタンを送信します

検索を追加し、テキストボックスの前後にそれぞれグリフアイコンを送信するには、これらのレジストリ編集を使用します。

 HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Search \ Flighting \ 0 \ ShowSearchGlyphLeftOfSearchBox HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Search \ Flighting \ 1 \ ShowSearchGlyphLeftOfSearchBox HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Search \ Flighting \ 0 ShowSubmitButtonRightOfSearchBox HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Search \ Flighting \ 1 \ ShowSubmitButtonRightOfSearchBox 

上記のレジストリの場所で、「Value」という名前のDWORD値をダブルクリックし、データを1に設定して、レジストリエディターを終了します。

$config[ads_text6] not found

グリフアイコンの微調整は、Windows 10 Anniversary Update(v1607)で最初に導入されました。

スクリーンショット

これは、調整を有効にする前のCortanaボックスの外観です。

上記のレジストリ設定を適用すると、テキストボックスが上部に表示され、検索と送信のグリフアイコンが表示されます。

検索ボックスの枠の色と幅

「値」を1に設定すると、これらのキーの検索ボックスの色(ARGB 16進値)と枠線の幅を変更できます。

 HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Search \ Flighting \ 0 \ SearchBoxBorderColor HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Search \ Flighting \ 0 \ SearchBoxBorderThickness HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Search \ Flighting \ 1 \ SearchBoxBorderColor HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Search \ Flighting \ 1 \ SearchBoxBorderThickness 

「何でも聞いてください」というデフォルトのテキストを削除する

デフォルトのテキスト(「何でも聞いてください」)を削除する別のレジストリ設定を見つけました。 レジストリエディターで、「Flighting \ 0」および「Flighting \ 1」レジストリキーの下に「SearchBoxText」という名前のサブキーを作成します。 次のキーが作成されました。

 HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Search \ Flighting \ 0 \ SearchBoxText HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Search \ Flighting \ 1 \ SearchBoxText 

各キーの下に、「Value」という名前の文字列値(REG_SZ)値を作成します。

[値]をダブルクリックしてスペースバーを押し、Enterキーを押します。 または、デフォルトのテキストとなる独自の単語またはフレーズを入力することもできます。

ログオフし、再度ログインします。 Cortanaテキストボックスには、デフォルトのテキストはありません。

Cortanaをフローティングウィンドウとして表示する

Cortanaをフローティングウィンドウとして表示するには、次のレジストリ(DWORD 32ビット)値を作成し、データを1に設定します。

 HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Search 

値: ImmersiveSearch

データ: 1

(検索バーだけでなく) 完全な Cortanaウィンドウを常に表示するには、さらに次の(DWORD 32ビット)値を作成します。

 HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Search \ Flighting \ Override 

値: ImmersiveSearchFull

データ: 1

レジストリの編集を適用した後、[スタート]をクリックして検索フレーズ/文字を入力します。 これにより、画面中央にCortanaがフローティングウィンドウとして開きます。 または、 Win + Cを押して、スタートメニューを開かずにフローティングCortanaウィンドウを直接開くこともできます。

関連記事