Windows 10でスクリーンショットを撮るための完全なガイド

Windowsのどのバージョンでも、PrintScreenキーは画面をクリップボードにキャプチャし、それをペイントまたは任意の画像エディターに貼り付けてファイルに保存できます。 Windows 8とWindows 10では、追加の手順が省略されるため、1回のキーストロークで画面をキャプチャしてファイルに保存するのが非常に簡単になります。 この記事では、Windowsでスクリーンショットを撮るさまざまな方法について説明します。

方法1:PrintScreenキーを使用する(Windowsのすべてのバージョン)

これらは、画面をキャプチャする従来の方法であり、Windowsのどのバージョンでも機能します。

  • PrintScreen :画面全体をクリップボードにコピーします。
  • Alt + PrintScreen :現在アクティブなウィンドウをクリップボードにコピーします。

次に、ペイントブラシを開き、クリップボードの内容を貼り付け(Ctrl + V)、ファイルを保存します。


方法2:Windows 8およびWindows 10でWinKey + PrintScreenを使用する

WinKey + PrintScreenキーストロークを使用すると、Windows 8およびWindows 10で画像が自動的に保存されるため、画像を貼り付けるためにペイントを開く必要がなくなりました。

WinKey + PrintScreenは画面全体をクリップボードにコピーし、 Pictures\ScreenshotsフォルダーのPNGファイルに自動的に保存します。

ファイルの名前は「Screenshot(n).png」です。nは、WinKey + PrintScreenを使用した後に自動的に増加するインデックス/カウンターです

さらに、ノートブックのFnキーを押します

ラップトップを使用している場合は、Fnキーも使用します。

  • Fn + PrintScreen
  • Fn + Alt + PrintScreen
  • Fn + WinKey + PrintScreen

Fn + WinKey + PrintScreenまたはWinKey + PrintScreenを押すと、画面が一瞬暗くなります。 画面がキャプチャされたことを示しています。

WinKey + PrintScreen中に画面の調光を無効にする場合は、ビジュアルパフォーマンスオプションのウィンドウアニメーション設定を無効にします。

sysdm.cplを起動→詳細→パフォーマンス→設定→視覚効果→ 最小化および最大化するときにウィンドウを アニメーション 化するのチェックを外し OK→OKをクリックします。

簡単なヒント:

スクリーンショットのインデックスは、次のレジストリキーのScreenshotIndexという名前の値に保存され、WinKey + PrintScreenを押すたびに更新(+1)されます。

 HKEY_CURRENT_USER \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Explorer 

方法3:組み込みのSnipping Toolを使用する

上記の方法は、特定のウィンドウまたは画面全体をキャプチャするのに役立ちます。 画面上の特定の領域キャプチャする必要がある場合はどうなりますか? 組み込みのSnipping Toolを使用できます。 この優れたツールは、Windows VistaでTablet PC機能として最初に導入され、Windows 10を含むそれ以降のバージョンのWindowsでも利用できます。

[スタート]をクリックし、「スニッピングツール」と入力して、結果から[スニッピングツール]を選択します。

このツールは、4つの画面キャプチャの選択肢を提供します。

  1. 自由形式の切り取り –描いた領域をキャプチャします。不規則な形状にすることもできます。 指、マウス、またはタブレットペンでオブジェクトの周りに任意の形状を描くことができます。
  2. 長方形の切り取り –画面上の特定の部分(長方形の領域)をキャプチャします。
  3. ウィンドウの切り取り –特定のウィンドウをキャプチャします。
  4. フルスクリーンの切り取り –フルスクリーンをキャプチャします。

$config[ads_text6] not found

関連記事:デフォルトでキャプチャモードでSnipping Toolを起動する方法

切り取りが行われたら、 .PNGとして保存でき.PNG.JPG | .GIF | .MHTファイル。

右クリックコンテキストメニューまたはプログラムのメニューをキャプチャする方法は?

  1. Snipping Toolを起動します
  2. キャプチャするメニューを(プログラムウィンドウで)開きます。
  3. Ctrl + PrintScreenを押します。
  4. [新規]ボタンの横の矢印をクリックし、表示される4つの選択肢から目的の切り取りの種類を選択します。 自由形式の切り取りまたは長方形の切り取りを選択し、キャプチャする領域を選択します。

メニューをキャプチャする時間遅延を設定できます。

  1. [遅延]ボタンをクリックし、それに応じて時間(秒単位)を設定します。

  2. [新規]の横の矢印をクリックし、オプションをクリックします。
  3. すぐに、メニューをキャプチャする必要があるプログラムに切り替えます。 Snipping Toolは、指定された秒数後に起動し、画面をキャプチャします。

方法4:Windows 10でWinKey + Shift + S(「スクリーンスニップ」)を使用する

Windows 10 Creators Update以降では、Winkey + Shift + Sキーストロークを使用して、画面上の特定の領域またはフルスクリーンショットをスクリーンショットできます。

Windows 10ビルド1809以降では、この機能はスクリーンスニップと呼ばれ、 Winkey + Shift + Sを使用して起動できます。 通知領域のアクションセンターアイコンをクリックし、[ 画面の切り取り ]をクリックして開始することもできます。

長方形の切り取り、フリーフォームの切り取り、フルスクリーンの切り取りオプションを使用できます。 以前のビルドでは、長方形のクリップオプションのみを提供していました。

PrtScnキーは既にフルスクリーンをキャプチャしてクリップボードに送信していますが、スニッピングバーを開くと、より正確なスニッピングに使用できるスニッピングツールが提供されます。

Creatorsアップデートでは、Winkey + Shift + SキーストロークがSnipping Toolをバックグラウンドで起動しました。つまり、Snipping Toolウィンドウは表示されませんが、キャプチャはクリップボードに自動的にコピーされます。 Windows 10 [Winkey + Shift + S]のスクリーンショットの一部のスクリーンショットを投稿して詳しく説明しました。v1809以降では、Winkey + Shift + SはSnipping Toolで動作しなくなりました。 現在、Snip&Sketchの一部であり、Snipping Toolは間もなく廃止されます。

PrintScreenを押して画面切り取りを起動する

3つのキーのコンボの操作が難しいと思われる場合は、 Winkey + Shift + Sではなく、 PrtScnキーで新しい切り取りバーを開くように選択できます。 そうするために:

  • 「スタート」→「設定」→「 簡単操作」キーボード」→ 「PrtScn」ボタンを使用して画面の切り取りを開く

上記の設定が有効になっている場合、サードパーティのスクリーンキャプチャツールは、ホットキー– PrintScreenを登録できないと文句を言う場合があります。 一度に1つのアプリケーションしかホットキーを登録できないため、これは正常です。


方法5:組み込みのSnip&Sketchアプリを使用する

方法4で見たScreen snipショートカットは、Snip&Sketch組み込みアプリを使用しています。 このアプリでは、スクリーンショットをキャプチャし、注釈を付け、Windows 10共有UIを使用して共有できます。 [スタート]メニューから[切り取りとスケッチ]を開くことができます。

この新しいツールはSnipping Toolの完全な代替品です。 ある時点で、MicrosoftはSnipping Toolを完全に廃止します。

これらの3つの切り取りオプションは、[切り取りとスケッチ]インターフェイスに表示されます。

  • 今すぐ切り取り
  • 3秒で切り取る
  • 10秒で切り取る

上記の「新しい」切り取りオプションのいずれかをクリックすると、画面の上部に画面切り取りコントロールが表示されます。

スクリーンクリップを取得すると、[切り取りとスケッチ]ウィンドウに画像が表示され、画像に注釈を付けたり、トリミングしたりできます。

以下は、Snip&Screenで使用できるボタン/オプションのリストです。

  • タッチライティング
  • ボールペン
  • 鉛筆
  • 蛍光ペン
  • 消しゴム
  • 定規
  • 画像の切り抜き
  • セーブ
  • クリップボードにコピー
  • シェア
  • で開く

MicrosoftのWebサイトには、Snip&Sketchに関するガイドがあります。 Windows 10でスクリーンショットを撮って注釈を付ける方法をご覧ください


方法6:GreenshotやShareXなどのサードパーティプログラムを使用する

Greenshotは、Snipping Toolでは利用できない多くの便利な機能を提供する軽量のスクリーンショットソフトウェアです。

  • 選択した領域、ウィンドウ、または全画面のスクリーンショットをすばやく作成します
  • Internet Explorerから完全な(スクロール)Webページをキャプチャする
  • スクリーンショットの一部に簡単に注釈を付けたり、強調表示したり、難読化したりする
  • スクリーンショットをファイルに保存し、プリンター、クリップボード、電子メール、またはOfficeプログラムに送信します
  • FlickrやPicasaなどの写真サイトにアップロードします。

長方形の領域をキャプチャすると、Greenshotは選択した部分の寸法(ピクセル単位)も表示します。

これは、特に多くのWebコンテンツを作成し、Webページの幅を超えない大きさのスクリーンショットをキャプチャする必要がある場合に、優れた機能です。

Greenshot –生産性のための無料のオープンソーススクリーンショットツールをチェックしてください!

NirCmd多目的コマンドラインツールとスクリプトを併用して、スクリーンショットを撮る作業を自動化したり、エディターでスクリーンショット画像を自動的に開いたりすることもできます。 詳細については、「スクリーンショットを自動的に取得してエディターで開く方法」の投稿をご覧ください。


スクロールウィンドウをキャプチャするにはどうすればよいですか?

残念ながら、Windowsの組み込みツールを使用すると、スクロールキャプチャを実行できません。 スクロールウィンドウをキャプチャするには、ShareX、Greenshotなどのサードパーティフリーウェアを使用する必要があります。

ShareXのスクリーンショット–スクロールキャプチャオプション。

ShareXを使用して、Windows 10の更新履歴ページをキャプチャしました。


[ユーザーアカウント制御]ダイアログをキャプチャするにはどうすればよいですか?

[ユーザーアカウント制御]ウィンドウは安全なデスクトップに表示されるため、[画面の印刷]ボタンはウィンドウをキャプチャしません。 ドキュメント作成の目的で[ユーザーアカウント制御]ダイアログをキャプチャする必要があるテクニカルライターの場合は、UACスライダーを一時的に「デスクトップを暗くしないでください」に下げてから、スクリーンショットを撮ります。

詳細およびGPOまたはレジストリメソッドについては、「ユーザーアカウント制御の昇格ダイアログのスクリーンショットをキャプチャする方法」の記事を参照してください。


Windows回復環境のスクリーンショットを撮る方法

ドキュメントの目的で、Windows回復環境のスクリーンショットを撮る必要がある場合があります。 仮想マシン(Hyper-V、Oracle Virtualboxなど)を使用して、スクリーンショットを撮ることができます。 ただし、何らかの理由でVMをロードできない場合は、ホストマシンをWindows REで起動してスクリーンショットを撮る方法を次に示します。

$config[ads_text6] not found

Windows回復環境画面のスクリーンショットを撮るには、NirCmdコンソールツール( nircmdc.exe )を使用できます。 NircmdC.exeは、NirCmd.exe自動化ツールのコンソールバージョンです。 NirCmdを使用すると、画面キャプチャをクリップボードからファイルに出力できます。

ログインしている間にNirCmdをダウンロードし、NirCmdc.exeをフォルダに抽出します。

  1. Windows回復環境を起動し、キャプチャする画面を開きます。

    Windows回復環境
  2. キーボードのPrintScreenボタンを押します。 これにより、現在の画面がクリップボードにキャプチャされます。
  3. 次に、トラブルシューティング→詳細オプション→ コマンドプロンプトからコマンドプロンプトを開きます。
  4. Nircmdc.exeがあるディレクトリに切り替えます。
  5. 次のコマンドを入力して、Enterキーを押します。
     nircmdcクリップボードsaveimage D:\ screencapture.jpg 

    [必要に応じて、ドライブ文字とファイル名を変更します。 NircmdC.exeがサポートするファイル形式: .bmp.gif.jpg.png.tiff 。]

    上記のコマンドは、キャプチャした画像をクリップボードからJPGファイルに出力します。

  6. exitと入力してコマンドプロンプトウィンドウを終了し、[回復オプション]ページに戻ります。
  7. キャプチャするWindows REページごとに手順を繰り返します。

トラブルシューティング:Print Screenがシステムで機能しませんか?

OneDrive、Dropbox、またはGoogle Drive Syncの設定を確認してください

PrintScreenまたは上記のキーの組み合わせのいずれかが機能しない場合は、バックグラウンドで実行されている別のアプリケーションがホットキーを登録している可能性があります。 たとえば、OneDrive、DropBox、またはその他のクラウドストレージサービスを使用している場合、それぞれのクライアントソフトウェアに、スクリーンショットをクラウドストレージアカウントに直接保存するオプションを含めることができます。 これを機能させるには、クライアントソフトウェアがPrintScreenホットキーを引き継ぎます。

OneDrive、Dropbox、Googleドライブ、またはその他の同期クライアントの設定を確認し、これらのプログラムの画面キャプチャホットキー機能を無効にします。 PrintScreenホットキーをめぐって競合する2つのプログラムがある場合、ホットキーを登録する最初のプログラムがキーを引き継ぎます。

OneDriveで、[設定]→[ 自動保存 ]タブを開き、[ キャプチャしたスクリーンショットをOneDriveに自動的に 保存する ]をオフにして、[OK]をクリックします。

さらに、PicturesフォルダーをOneDriveにリダイレクトした場合、スクリーンショットはOnedrive\Pictures\ScreenshotsではなくOnedrive\Pictures\ScreenshotsフォルダーにOnedrive\Pictures\Screenshots保存されます。 それは注意すべきもう一つの事柄です。

Dropboxを使用している場合は、Dropboxの設定→インポート→ スクリーンショットをDropboxに保存 →チェックボックスをオフにしてください

同様に、そのようなクラウド同期ツールや写真編集ツールがあるかどうかを確認してください。 ツールの1つがPrintScreenキーを引き継いだ可能性があります。

Windows 10ユーザーの引用:

どうもありがとう、私はバックグラウンドプログラムをチェックしました、そして低くて見ました、私はMovavi photo editorと呼ばれる新しいプログラムをインストールしました。プログラム。 それで、あなたが私の問題に答えてくれたことに感謝します。

クリップボードはロックされていますか? 実行中のすべてのアプリを閉じてテストする

別のリモートの可能性としては、一部の不正なプログラムがクリップボードを排他的にロックしている可能性があります。 その場合、クリップボードに書き込むことができません。どのアプリケーションでもコピーと貼り付けのオプションは機能しません。 PrintScreenまたはその任意の組み合わせでは、画面をクリップボードにコピーできない場合があります。

トラブルシューティングの最良の方法は、実行中のプログラムを1つずつ閉じてテストすることです。 または、特にWindowsまたはサードパーティのサービスがクリップボードとPrintScreenキーをロックしている場合は、クリーンブート手順を実行できます。 Windowsでクリーンブートのトラブルシューティングを実行するには、Autorunsユーティリティを使用したWindowsのクリーンブートを参照してください。

クリップボードはまだ機能しません。 デバッグする方法は?

クリップボード所有者デバッグと呼ばれる別の優れたツールがあります。 多くのオンラインサポートフォーラム、特にMicrosoft Officeフォーラムでは、WordまたはExcelでコピー/貼り付け機能が機能しないことについてユーザーから不満が出てきました。 前に述べたように、この問題は、クリップボードを所有してロックし、他のアプリがクリップボードに書き込めない不正なプログラムが原因で発生します。

ClipboardOwnerDebugは、Windowsクリップボードの問題をデバッグするためのツールです。具体的には、クリップボードを開き、時間どおりに閉じないため、何もコピーまたは貼り付けることができません。 これは、指定された間隔(ミリ秒単位)でクリップボードをポーリングし、対応するプロセス名とともに変更をクリップボードに報告するコンソールです。

たとえば、100ミリ秒ごとにクリップボードを監視するには、つまり1秒あたり10回クリップボードをポーリングするには、次のコマンドラインを使用します。

 ClipboardOwnerDebug.exe 100 

クリップボードを使用したさまざまなプログラムのレポートが短期間表示されます。

上のスクリーンショットでは、OneDriveおよびMouseWithoutBordersユーティリティがそれぞれ1回ずつクリップボードに書き込まれていることがわかります。 これは、アプリがクリップボードを引き継いだという意味ではありません。 特定のプロセスがクリップボードに繰り返し書き込みを行うと、多くの「クリップボードが使用中」のエントリが表示され、そのプロセスが原因である可能性が高いです。 特定のプログラムまたはサービスを終了し、システムで画面のコピー、貼り付け、または印刷操作が機能するかどうかを確認します。

この記事で、Windows 10以前でスクリーンショットを撮るために利用できるほとんどの方法について説明したいと思います。

関連記事