コマンドプロンプトは廃止されません。 それは何十年も残るでしょう

Windows 10 Insider Preview Build 14971から、Win + Xメニューとファイルエクスプローラーの[ファイル]メニューのコマンドプロンプトがPowerShellに置き換えられました。 Microsoftがブログの投稿で次のように述べています。

これ(PowerShell)は、WIN + Xメニュー、ファイルエクスプローラーの[ファイル]メニュー、およびファイルエクスプローラーで空白をShiftキーを押しながら右クリックすると表示されるコンテキストメニューのコマンドプロンプト(別名 "cmd.exe")を置き換えます。 ファイルエクスプローラーのアドレスバーに「cmd」(または「powershell」)と入力すると、その場所でコマンドシェルを起動するための迅速な方法が維持されます。

コマンドプロンプトを使用したい場合は、[設定]> [カスタマイズ]> [タスクバー]を開き、[スタート]ボタンを右クリックするかWindowsを押すと、メニューの[コマンドプロンプトをWindows PowerShellに置き換える]をオンにすることで、WIN + Xの変更を無効にすることができます。キー+ X」を「オフ」にします。

さらに、ビルド14986から、フォルダーのコンテキストメニューオプション[ここにコマンドウィンドウを開く]が非表示になりました。 代わりに、「PowerShellウィンドウをここで開く」エントリがデフォルトで表示されます。

コントロールパネルをWin + Xメニューの設定に置き換えることは、Insider Previewビルドの他の変更点の1つです。 マイクロソフトは既にコントロールパネルの機能の多くを設定アプリに移植しており、最終的には従来のコントロールパネルは削除されます。

これらの変更により、従来のコマンドプロンプトは廃止される(または既に廃止される)と推測され、PowerShellに置き換えられました。 それはいくつかの雑誌が報告した方法です。

しかし、真実は、コマンドプロンプトが何十年も存在することです。つまり、コマンドスクリプトやツールを実行している人がほとんどなくなるまでです。

マイクロソフトのシニアプログラムマネージャーであるリッチターナーは、彼のブログ投稿とツイートを通じて、その憶測を拒否しました。

Cmdを削除すると、Windowsを構築することさえできなくなります。 3 /

—リッチターナー(@richturn_ms)2016年12月7日

いいえ。Cmdの死の噂は非常に誇張されています。 CmdはWindowsに何十年も存在し、今後も存在します…永遠ではないとしても

—リッチターナー(@richturn_ms)2016年12月13日

cmdはWindows内に残ります。 必要に応じて、デフォルトのシェルをcmdに戻すことができますが、PowerShellを学ぶことを誰にでも勧めます

—リッチターナー(@richturn_ms)2016年11月20日

また、Cmdの死の噂は非常に誇張されています–リッチターナーによる開発者向けWindowsコマンドラインツール[MSFT]

関連記事