Windows 10(v1809)の再起動後に輝度が50%にリセットされる

Windows 10機能更新v1809をインストールした後、シャットダウンまたは再起動するたびに画面の輝度が50%にリセットされます。 これは、1809アップデートのさらに別のバグのようです。

この投稿では、Windows 10 1809コンピューターの画面の明るさのリセットの問題を修正または回避する方法について説明します。

[修正] Windows 10を再起動すると輝度が50%にリセットされる

オプション1

まず、マザーボードまたはディスプレイドライバーの製造元のWebサイトにアクセスして、そこから最新のドライバーアップデートを入手します。 最新のドライバーをインストールすると問題が解決するかどうかを確認します。

オプション2

別のオプションは、サービスコンソールを介してDisplayEnhancementServiceを無効にすることDisplayEnhancementService 。 [スタート]を右クリックし、[実行]をクリックします。 services.mscと入力services.msc 、Enterキーを押します。 DisplayEnhancementServiceサービスをダブルクリックして、無効に設定します。Windows10を再起動します。

明るさは100%のままです。 ただし、他の設定(50%、75%など)では設定できません。

オプション3

上記の回避策のいずれも役に立たない場合は、この小さなPowerShellコマンドを回避策として使用してください。 このコマンドラインは、輝度レベルを100%にリセットします。

 powershell.exe "(Get-WmiObject -Namespace root / WMI -Class WmiMonitorBrightnessMethods).WmiSetBrightness(1, 100)" 

クレジット:PowerShellコマンドレットとEvaqueによるタスクスケジューラのアイデア

上記のPowerShellコマンドレットをタスクスケジューラ経由で使用して、起動時に輝度レベルを自動的に調整/設定できます。

  1. [スタート]を右クリックし、[実行]をクリックします。 taskschd.mscと入力し、[OK]をクリックします。
  2. 右ペインの「タスクの作成」リンクをクリックします。
  3. タスク名を割り当てる、たとえばScreenBrightness
  4. 「ユーザーがログオンしているかどうかにかかわらず実行する」を有効にします
  5. 「最高の権限で実行」を有効にします
  6. 「トリガー」タブを選択し、「新規」をクリックします
  7. 「タスクの開始:起動時」を選択し、「OK」をクリックします。
  8. 「アクション」タブを選択し、「新規」をクリックします
  9. コマンドをプログラム/スクリプト行に貼り付けます
     powershell.exe "(Get-WmiObject -Namespace root / WMI -Class WmiMonitorBrightnessMethods).WmiSetBrightness(1, 100)" 
  10. [OK]をクリックし、このプロンプトが表示されたら[はい]をクリックします

    [はい]をクリックすると、引数部分が分割され、適切なテキストボックスに自動的に入力されます。

  11. プロンプトが表示されたら、Windowsログインパスワードを入力します。
  12. タスクスケジューラを閉じます。

それでおしまい! Windowsを再起動すると、画面の明るさが100%(1, 100)に変わります。 この回避策は、Microsoftが将来のWindows 10の累積的な更新で画面の明るさのリセットの問題を解決するまで使用できます。

関連記事