WindowsでのWi-Fiネットワークプロファイルのバックアップと復元

私たちの多く、特にラップトップユーザーは、システムに複数のWi-Fiネットワークプロファイルを設定しています。 よく行く喫茶店ではWi-Fiネットワーク接続を使用し、自宅やオフィスでは別のネットワークに接続します。 この投稿では、Windows 7、8、およびWindows 10でWi-Fiネットワークプロファイルバックアップおよび復元する方法について説明します。

Wi-Fiプロファイルのパスワードを保存すると、SSIDとパスワードを毎回入力しなくても、範囲内にあるときに自動的にネットワークに接続できます。 非表示のネットワークに接続する場合、さらに役立ちます。

非表示のネットワークは、SSIDブロードキャストがオフになっているホットスポットです。つまり、ネットワークに接続するには、PSKに加えてSSID(名前がわかっている場合)を入力する必要があります。

さらに、構成をXMLファイルにエクスポートして、保存されているすべてのWi-Fiプロファイルとパスワードをバックアップすることもできます。

Wi-FiプロファイルをXMLファイルにエクスポートしてバックアップする

Wifiプロファイルを保存するフォルダーを作成します。 フォルダを開きます。 [ファイル]メニューから、コマンドプロンプトウィンドウを開きます。

コンソールウィンドウで、次のように入力してEnterキーを押します。

 netsh wlanエクスポートプロファイル 

Wi-Fiプロファイルごとに、次の出力が表示され、エクスポートが成功したことがわかります。

 インターフェイスプロファイル「XT1068 4219」がファイル「。\ Wi-Fi-XT1068 4219.xml」に正常に保存されました。 インターフェイスプロファイル「Ramesh」がファイル「。\ Wi-Fi-Ramesh.xml」に正常に保存されました。 インターフェイスプロファイル「HUAWEI-E8221-a974」がファイル「。\ Wi-Fi-HUAWEI-E8221-a974.xml」に正常に保存されました。 

ファイルは、現在いるのと同じディレクトリに作成されます。XMLファイルには、SSID、セキュリティと暗号化のタイプ、パスフレーズ、自動接続設定、MACアドレスのランダム化の選択など、Wi-Fiプロファイルに関する情報が含まれています。

$config[ads_text6] not found

パスフレーズまたは事前共有キー(PSK)は、XMLファイルで暗号化されます。 ただし、パスフレーズを含むプロファイルをプレーンテキスト形式でエクスポートする必要がある場合は、次のコマンドを使用します。

 netsh wlan export profile key = clear 

Netshコマンドラインヘルプ–「エクスポート」パラメーター

netsh wlan export profile /? Usage: export profile [name=] [folder=] [[interface=]] [key=] Parameters: Tag Value name - Name of the profile to export. folder - Name of the folder in which the profile XML files will be saved. interface - Name of the interface which has this profile configured. key - To display the key in plain text, set key=clear. Remarks: Saves the selected profiles into XML files in the specified folder. For each exported profile, the output file will be named as "Interface Name-Profile Name.xml". Parameters folder, name and interface are all optional. If profile name is given then the specified profile will be saved. Otherwise profiles on any interface will be saved. If the folder parameter is provided it must specify an existing folder accessible from the local computer. It can either be an absolute path, or a relative path to the current working directory. In addition, "." refers to the current working directory, and ".." refers to the parent directory of the current working directory. The folder name cannot be a UNC (Universal Naming Convention) path. By default profiles will be saved in the current working directory. If interface name is given, only the specified profile on the given interface will be saved. Otherwise all profiles with the given name on the system will be saved. If a key in plain text is required and the caller is local administrator, output XML file will include the key in plain text. Otherwise, the output XML file will include encrypted key. Examples: export profile name="profile 1" folder=c:\profiles interface="Wireless Network Connection" export profile name="profile 2" folder=. export profile name="profile 3" folder=. key=clear 

上記のように、名前とインターフェースを指定することで、個々のWi-Fiプロファイルをエクスポートできます(システムに複数のWi-Fiインターフェースがある場合)。 また、出力フォルダーのパスを指定することもできます。

ただし、Name、Interface、およびFolderパラメータはオプションです。 これらのパラメーターが指定されていない場合、デフォルトでは、すべてのWi-Fiプロファイルが現在のフォルダーの場所にエクスポートされます。

クイックヒント:コマンド"netsh wlan show profiles"実行すると、Wi-Fiインターフェイスと接続の一覧を表示できます。

XMLファイルからWi-Fiプロファイルをインポートする

バックアップされたXMLファイルは、必要に応じて元に戻すことができます。特に、[忘れる]ボタンをクリックして誤ってWifi接続を削除し、非表示のネットワークのSSIDとそのパスワードを覚えていない場合は特にそうです。 XMLファイルは、ウィンドウをクリーンインストールした後、または他のシステムにインポートする場合にも役立ちます。

XMLファイルをインポートしてプロファイルを再度追加するには、次のコマンドを使用します。

 netsh wlan追加プロファイル "xmlfilename" 

 netsh wlan add profile "d:\ wlan profiles \ Wi-Fi-XT1068 4219.xml" 

次の出力が表示されます。

 プロファイルXT1068 4219がインターフェースWi-Fiに追加されました。 

それでおしまい。 これでプロファイルが再作成されました。 追加するWi-Fiプロファイルごとに同じ手順を繰り返します。

関連記事