Windowsの[システムのプロパティと設定]ページでOEM情報とロゴを追加する

コンピュータメーカーは通常、Windowsをプレインストールするときに、システムプロパティアプレットにOEMブランド情報とロゴを含めます。 この記事では、Windows Vista、7、8、およびWindows 10の[システムのプロパティ]ウィンドウでカスタムOEM情報文字列を追加または変更する方法について説明します。Windows10では、カスタム文字列は最新の設定アプリに表示されます(PCページについて)同様に。

システムプロパティにOEM情報とロゴを追加する

1. [スタート]をクリックし、「 regedit.exe」と入力してEnterキーを押します

2.次の場所に移動します

 HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ OEMInformation 

OEMInformationキーがない場合は、手動で作成する必要があります。

3.以下の表に従って、文字列値(REG_SZ)を作成し、一致するデータを追加します。

値の名前データ値のタイプ
ロゴ*REG_SZ
メーカーREG_SZ
型番REG_SZ
サポート時間REG_SZ
SupportPhoneREG_SZ
SupportURLREG_SZ

4.レジストリエディターを終了します。

* 注:ロゴは120×120のサイズのBMPファイルである必要があります。 120×120ピクセルより大きいロゴは、120×120にスケーリングされます。

サンプル

サンプルエントリを入力して、サポート情報ページをカスタマイズしました。 これがスクリーンショットです:

そして、関連するレジストリエントリ。

Windows 10 –システム設定(バージョン情報)ページ

これはWindows 10でも機能します。Windows10では、OEM情報は従来のシステム情報アプレットと最新のシステム設定>バージョン情報ページに表示されます。

説明のために、この設定を使用しました(上記と同じキーで)。

これは、[設定]> [システム]> [バージョン情報]ページに表示される方法です。

$config[ads_text6] not found

ただし、Windows 10 Anniversary Update(v1607)以降、OEMロゴは無視され、[設定]ページに表示されません。

関連記事