すべてのチェックボックスオプションをデフォルトで有効にしてディスククリーンアップを開始する

すべてのチェックボックスオプションをデフォルトで有効にしてディスククリーンアップを開始する

ディスククリーンアップツールを開くと、すべてではないにしてもほとんどのクリーンアップオプションがデフォルトでオフになっています。 ディスククリーンアップは、前回使用したときに有効にしたオプションを記憶していません。 レジストリを変更する必要なく、すべてのクリーンアップオプションのチェックボックスをオンにしてディスククリーンアップを開始するための巧妙なトリックを次に示します。 「LOWDISK」パラメータを使用してディスククリーンアップを開始します Cleanmgr.exeで「LOWDISK」引数を使用すると、通常どおりディスククリーンアップが開始されますが、すべてのチェックボックスがオンになっているため、不要です。 次のコマンドラインを使用してデスクトップショートカットを作成します。 cleanmgr.exe / LOWDISK ここでは、管理ツールフォルダにあるディスククリーンアップショートカットのターゲットフィールドを編集することもできます。 C:\ ProgramData \ Microsoft \ Windows \ Start Menu \ Programs \ Administrative Tools このショートカットは、[スタート]メニューの検索結果から[ディスククリーンアップ]を検索してクリックするときに使用されます。 システム全体の場所にある不要なファイル、つまり

続きを読みます
Windowsで特定の拡張子を持つファイルを検索する方法

Windowsで特定の拡張子を持つファイルを検索する方法

読者は、Windows Searchを使用して、特定のフォルダーとその拡張子が .doc サブフォルダーにあるすべてのファイルを検索する方法を知りたいと考えていました。 この記事では、ワイルドカードまたは高度なクエリ構文(AQS)を使用して特定のファイルタイプを検索する方法について説明します。 ファイルエクスプローラーの検索バーに doc だけを入力すると、 doc という名前のフォルダーや doc という単語を含むファイルプロパティなど、必ずしも doc という単語が含まれているすべてのファイルが一覧表示されます。 関連: Windowsで2つの日付の間に作成されたファイルを検索する方法 特定の拡張子を持つファイルを検索する方法 特定のファイル拡張子を持つファイルを検索し、名前にその拡張子を含む他のファイルを検索しないようにするには、以下の検索構文のいずれかを使用します(たとえば、 .doc ファイルを見つける)。 * .doc ext:.doc ただし、上記の検索クエリを使用すると、 .doc に加えて .docx ファイルがリストされます。 結果を.docファイルのみに厳密に絞り込むには、次のようにファイル拡張子を二重引用符で囲みます。 * "。doc" ext: "。doc" どうぞ! 追加のヒント: 画像、ビデオ、連絡先、ドキュメント

続きを読みます
Microsoft Edgeは毎回ズームを無効にするか、ズームレベルをリセットします

Microsoft Edgeは毎回ズームを無効にするか、ズームレベルをリセットします

Microsoft Edgeにはページズーム機能があり、他のブラウザーと同様に、[詳細](3つのドキュメントを示すアイコン)をクリックするか、Ctrl +マウススクロールで構成できます。 Edgeは、個々のWebサイトのズーム係数設定を維持しません。 一方、Google ChromeはWebサイトごとにズーム設定を維持し、デフォルトのズーム率を選択することもできます。 Edgeのズーム機能を使用しない場合は、Ctrl +マウスのスクロール、ピンチ、ストレッチ(タッチデバイス)を使用して誤ってズームしないように、レジストリを使用してズームを無効にすることができます。 また、機能をロックする前に(デフォルトの)ズーム率を事前設定できます。 この投稿には、Edgeのズーム機能を無効にする、ズームレベルを100%にロックする、またはEdgeを起動するたびにズームレベルを自動リセットするためのレジストリ設定があります。 アップデート[2019]:この記事のレジストリ編集はWindows 10 v1809では機能しません Microsoft Edgeのズーム機能を無効にする[100%でロック] 1.まず、Microsoft Edgeで希望のズーム率(たとえば100%)を設定してから、ズームオプションを無効にします。 2.レジストリエディター(regedit.exe)を起動します。 3.次のブラン

続きを読みます
Malwarebytes 3.3がリリースされました:新機能

Malwarebytes 3.3がリリースされました:新機能

Malwarebytesバージョン3.3が本日リリースされました。 このバージョンでは、多くの問題、特にリアルタイム保護が自動的にオフになる問題や、Alt +タブ画面に表示されるMalwarebytes Tray Applicationの問題が修正されているようです。 そして、通知デザインはこのバージョンで見栄えがします。 Malwarebytes 3.3潜在的な脅威の通知 それ以外に、Malwarebytes 3.3.1の変更点と改善点の公式リストを以下に示します。 パフォーマンス/保護機能 Chromeブラウザでの改善された修正 数多くの強化された保護技術と修復機能 使いやすさ 読みやすくするための通知デザインの改善 無料版と試用版に新しいクイックツアーモジュールを追加 無料版と試用版のスキャン進行ページの下部に情報モジュールを追加 ユーザーインターフェイスコンポーネントのより動的な

続きを読みます
不明なエラーメッセージの原因となったプログラムを見つける方法

不明なエラーメッセージの原因となったプログラムを見つける方法

通常、エラーメッセージダイアログボックスには、エラーを生成したアプリケーションまたはプロセスの名前を含むタイトルバーテキストがあります。 タイトルバーにテキストが表示されないエラーメッセージダイアログが表示され、ユーザーがエラーの原因となったプログラムを推測できる場合があります。 図1:タイトルバーテキストのないエラーメッセージダイアログ 図2:タイトルバーのテキストが表示されたエラーメッセージダイアログ。 プロセスエクスプローラーの使用– [Windowsのプロセスを検索]ボタン タスクマネージャーに表示されるプロセスは約25あり、ソースプロセスを追跡するために一度に1つずつ終了するのは難しいタスクだと想像してください。 すばやく追跡するには、Process Explorerを使用します。 現在開いているウィンドウのプロセス名を知ることができる「 Find Windows 'Process 」(ブルズアイ)ボタンがあります。 Process Explorerをダウンロードして実行します。 ツールバー領域のブルズアイボタンをクリックし、ターゲットウィンドウ(つまり、追跡するエラーメッセージダイアログ)にドラッグアンドドロップします。これを可能にするには、まずエラーメッセージウィンドウとプロセスエクスプローラーを並べておく必要があります。側。 プロセスエクスプローラーは、ターゲ

続きを読みます
Wordの.docxファイルと.docファイルが一般的なアイコンまたは白いアイコンで表示される

Wordの.docxファイルと.docファイルが一般的なアイコンまたは白いアイコンで表示される

多くのユーザーが、.docxファイルと.docファイルのWordアイコンが表示されないと報告しています。 ファイルの関連付け設定が変更されていなくても、一般的な(不明な)アイコンまたは真っ白なアイコンが表示されます。 Officeアイコンを含むOfficeインストーラーフォルダーを削除したり、コンピューターに複数のバージョンのOfficeをインストールしたりするなど、複数の理由により、Wordアイコンが空白または欠落することがあります。 また、Word文書のProgId( docx_auto_file )またはファイルの関連付けの設定が正しくないために発生することもあります。 この記事では、Word文書のファイルタイプ.docxおよび.docのアイコンをさまざまな方法で修正する方法について説明します。 修正:Wordの.docxおよび.docファイルが一般的なアイコンまたは白いアイコンで表示される 次の手順に従って、Word文書ファイルタイプ.docxおよび.docのアイコンを修正します。 手順1:.docxファイルと.docファイルをWordに再度関連付ける adminコマンドプロンプトを開き、次のコマンドを実行します。 assoc .docx = Word.Document.12 コマンドプロンプトウィンドウを終了します。 .docx ファイルを右クリックし、[プロパティ]をクリ

続きを読みます
ログイン画面とロック画面でNumLockをデフォルトで有効にする

ログイン画面とロック画面でNumLockをデフォルトで有効にする

ユーザーアカウントのパスワードに数字が含まれている場合は、テンキーを使用してパスワードを入力するためにNumLockキーを有効にする必要があります。 簡単なレジストリ編集で、Windowsを起動するたびに ログイン画面 (およびロック画面)で常に NumLockを有効にすることができます 。 レジストリの編集は、Windows 10を含むすべてのバージョンのWindowsで機能します。 まず、一部のユーザーに有効な次の方法を試してください。 Windowsを起動し、ログイン画面でNumLockをオンにします。 ログイン画面の電源ボタンをクリックして、Windowsを再起動します。 Windowsの再起動後、NumLockはログイン画面で自動的に有効になります。 ただし、この方法は、さまざまなWindows 10ビルドでテストしたときに機能しませんでした。 これは、起動時にNumLockを自動的に有効にするレジストリ編集です。 NumLock –起動時に常に有効にする レジストリエディター(regedit.exe)を起動し、次の場所に移動します。 HKEY_USERS \ .DEFAULT \ Control Panel \ Keyboard InitialKeyboardIndicators という名前の文字列値を作成します 以下のように、 InitialKeyboardIndica

続きを読みます
修正:Windows 7のスタートメニューからピン留めされたフォルダーの固定を解除できない

修正:Windows 7のスタートメニューからピン留めされたフォルダーの固定を解除できない

Windows 7では、Windows XP / Vistaのように、スタートメニューにフォルダーをドラッグすることで、フォルダーをスタートメニューに固定できます。 ただし、Windows 7の固定アイテムリストからフォルダーを削除するオプションはありません。その結果、固定アイテムリスト全体をリセットしないと、スタートメニューから固定フォルダーを削除できません。 これはWindows 7(この記事の執筆時点ではベータ版)のバグのように見えますが、回避策があります。 Windows 7スタートメニューのフォルダーの固定と固定解除 Windows 7 / Vista / XPのフォルダーに「スタートメニューにピン留めする」オプションを追加する方法の記事から pinfolder.reg レジストリファイルをダウンロードして適用します。 .reg修正を適用すると、フォルダの右クリックメニューに[ スタートメニューに 固定 ] オプションが表示されます。 (ドラッグによって)[スタート]メニューに既に固定されているフォルダーの場合、右クリックメニューの[ スタートメニューから固定を解除] オプションが表示されます。 [スタート]メニュー から固定を解除 するフォルダーを右クリックし、[ スタートメニューから固定を解除 ]をクリックし ます 。

続きを読みます
修正:Windows Defenderエラー577 | サービスが開始しない

修正:Windows Defenderエラー577 | サービスが開始しない

「セキュリティとメンテナンス」コントロールパネルアプレットは、Windows Defenderが無効になっていて、システムを保護しているアンチウイルスがないことを警告する場合があります。 Windows Defenderインターフェイスを開くと、保護機能がオンになりますが、ボタンは機能しません。 サービスMMCで、Windows Defenderウイルス対策サービスまたはWindows Defenderウイルス対策ネットワーク検査サービスを開始しようとすると、次のように Error 577 することがあります。 WindowsはWindows Defenderを起動できませんでした。 エラー577:Windowsはこのファイルのデジタル署名を確認できません。 最近のハードウェアまたはソフトウェアの変更により、正しく署名されていないか破損しているファイルがインストールされたか、不明なソースからの悪意のあるソフトウェアである可能性があります。 場合によっては、別のエラーが表示されることがあります。 ローカルコンピューター上のWindows Defenderウイルス対策サービスサービスが開始され、停止されました。 一部のサービスは、他のサービスまたはプログラムで使用されていない場合、自動的に停止します。 修正:Windows Defenderエラー577 –サービスの開始に失敗する この問

続きを読みます
表示されない、または機能しない隠しファイルとフォルダーを表示する

表示されない、または機能しない隠しファイルとフォルダーを表示する

[フォルダオプション]ダイアログの[表示]タブでは、隠しファイルとシステム(保護)ファイルを表示または非表示にできます。 隠しファイルにはHIDDEN属性があります。 保護されたファイルは、SYSTEM属性を持つスーパー隠しファイルとしても知られています。 状況によっては、フォルダオプションを使用して、フォルダ内の隠しファイルの表示を有効にする必要がある場合があります。 [フォルダーオプション]ダイアログで[ 非表示のファイル、フォルダー、ドライブを 表示する]オプションを有効にしても、エクスプローラーが非表示のファイルとフォルダーを表示しないというサポートインシデントが最近多く発生しています。 ただし、ファイルとフォルダーは、Windowsサーチを使用するか、コマンドプロンプトウィンドウから DIR /A コマンドを使用して表示できます。 また、[フォルダーオプション]を開いて[表示]タブをクリックすると、[ 隠しファイルとフォルダー を 表示 しない ]と[ 隠しファイル、フォルダー、ドライブを 表示する]の両方のラジオボタンが有効になる場合が あります 。 原因 上記の症状は、システムがこれらのレジストリブランチの CheckedValue 値を変更するマルウェアに感染している場合に発生します。 HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft

続きを読みます
機能アップデートのインストール時のWindows 10エラー0x80070005

機能アップデートのインストール時のWindows 10エラー0x80070005

機能の更新をインストールするとき、たとえば、バージョン1809から1903にアップグレードするとき、Windows 10コンピューターにエラー 0x80070005 が表示される場合があります。正確なエラーメッセージはそのままです。 一部のアップデートのインストール中に問題が発生しましたが、後で再試行します。 Windows 10バージョン1903の機能更新–エラー0x80070005 Catroot2 および SoftwareDistribution フォルダーの名前の変更、VPNの無効化、Windows Updateトラブルシューティングの実行など、標準のWindows Updateのトラブルシューティング手順は Catroot2 ない場合があります。 Windows 10は機能アップデートをダウンロードし、インストールを開始し、システムを数回再起動する場合があります。 最後の再起動後、Windows 10では「Windows Updateの変更を元に戻しています」というメッセージが表示されます。 Windowsの更新履歴ページに、機能の更新 が[日付]にインストール できなかったことが表示される – 0x80070005 Update Assistantツールまたはメディア作成ツールを使用してWindows 10をアップグレードしようとすると、同じエラーが発生します。 エラーメ

続きを読みます
バッチファイルを使用してインターネットショートカットを作成する

バッチファイルを使用してインターネットショートカットを作成する

Q: WebブラウザーでHTMLページを呼び出し、その特定のデスクトップアイテムに関連付けられたアイコンをすべて1つのバッチファイルで変更するデスクトップアイコンをデスクトップに配置するバッチファイルを作成する方法はありますか? ありがとう A: はい。 これは可能です。 ここではいくつかの例を示します。 echo [InternetShortcut]> "%userprofile%\ desktop \ localpage.url" echo URL = C:\ myfile.htm >> "%userprofile%\ desktop \ localpage.url" echo IconFile = C:\ icons \ favicon.ico> > "%userprofile%\ desktop \ localpage.url" echo IconIndex = 0 >> "%userprofile%\ desktop \ localpage.url" ec

続きを読みます
写真アプリのマウスホイール設定:スクロールしてズームするか、前/次を表示

写真アプリのマウスホイール設定:スクロールしてズームするか、前/次を表示

WindowsフォトビューアーとWindows画像とFAXビューアー(Windows 7)で1枚の写真を表示しているときに、マウスのスクロールボタンを回転させて画像をズームすると、ほとんどの人がWindows 10の新しい写真アプリで同じことを期待していました。 Windows 10の初期のビルドでは、フォトアプリに前/次の写真をマウスホイールでスクロールする動作が含まれていました。 次に、暫定ビルドの1つで、マウスホイールがズームを開始する機能が変更されました。 一部のユーザーはこの不一致に満足していません。 Windows 10 Fall Creators Update:写真アプリのマウスホイールの設定 Windows 10 Photosアプリでは、Fall Creators Update(v1709)を使用して、マウスホイールのスクロールの動作を構成できます。前/次の画像にスクロールするか、現在の画像をズームイン/ズームアウトします。 1.写真アプリを開き、省略記号ボタン(3つのドット)をクリックします。 2. [ 設定]を クリックします 3. [マウスホイール]で、マウスホイールの回転アクションを構成します—次のオプションのいずれかを選択します。 次または前のアイテムを表示 ズームインまたはズームアウトします。 写真アプリのマウスホイール機能の設定 注:Ctrl +マウスホ

続きを読みます
ログイン画面とロック画面でNumLockをデフォルトで有効にする

ログイン画面とロック画面でNumLockをデフォルトで有効にする

ユーザーアカウントのパスワードに数字が含まれている場合は、テンキーを使用してパスワードを入力するためにNumLockキーを有効にする必要があります。 簡単なレジストリ編集で、Windowsを起動するたびに ログイン画面 (およびロック画面)で常に NumLockを有効にすることができます 。 レジストリの編集は、Windows 10を含むすべてのバージョンのWindowsで機能します。 まず、一部のユーザーに有効な次の方法を試してください。 Windowsを起動し、ログイン画面でNumLockをオンにします。 ログイン画面の電源ボタンをクリックして、Windowsを再起動します。 Windowsの再起動後、NumLockはログイン画面で自動的に有効になります。 ただし、この方法は、さまざまなWindows 10ビルドでテストしたときに機能しませんでした。 これは、起動時にNumLockを自動的に有効にするレジストリ編集です。 NumLock –起動時に常に有効にする レジストリエディター(regedit.exe)を起動し、次の場所に移動します。 HKEY_USERS \ .DEFAULT \ Control Panel \ Keyboard InitialKeyboardIndicators という名前の文字列値を作成します 以下のように、 InitialKeyboardIndica

続きを読みます
Windows 7でWindowsエクスプローラーのお気に入りにフォルダーまたはライブラリを追加する方法

Windows 7でWindowsエクスプローラーのお気に入りにフォルダーまたはライブラリを追加する方法

既定では、Windowsエクスプローラーのナビゲーションウィンドウの[お気に入り]セクションには、デスクトップ、ダウンロード、最近の場所が含まれています。 ここでは、カスタムフォルダー、ドライブ、またはライブラリをWindows 7のお気に入り(以前のお気に入りリンク)に配置する方法を示します。 お気に入りに追加するフォルダ、ドライブ、またはライブラリを参照します。 [お気に入り] を 右クリックし、[ ブラウザの場所をお気に入りに追加 ] を クリックします。 または、オブジェクトを[お気に入り]領域にドラッグして、そこにショートカットを作成することもできます。 お気に入りを削除するには、お気に入りを右クリックし、[削除]をクリックして、[はい]をクリックします。 これにより、ショートカットのみが削除され、ショートカットが指すファイルやフォルダは削除されません。

続きを読みます