秋のクリエイターアップデートでサインイン画面が2回表示される

秋のクリエイターアップデートでサインイン画面が2回表示される

Windows 10バージョン1709(別名Fall Creators Update)に機能更新をインストールしてから、コンピューターを起動して(PINまたはパスワードを使用して)ログインすると、ログイン画面が再表示され、再度ログインする必要がある場合があります。 一部のユーザーは、ワークステーションをロックおよびロック解除してもこの現象が発生すると述べました。 Microsoftが永続的なソリューションをリリースするまで、Windows 10の「二重ログイン」問題を回避する方法を次に示します。 修正:Windows 10 Fall Creators Updateに2回サインインする 回避策1:「サインイン情報を自動的に使用する」設定を無効にします スタートボタンをクリックし、設定を選択します [アカウント]をクリックし、[サインインオプション]を選択します。 [プライバシー]セクションで、[サインイン情報を使用して、更新または再起動後にデバイスのセットアップを自動的に完了する]設定をオフにします。 Windowsを再起動します。 回避策2:Netplwiz.exeを使用して自動ログインを設定する 問題が解決しない場合は、McAfeeユーザーが以下の別の回避策を参照してください。 基本的に、彼はNetplwiz.exeを使用して自動ログインを有効にするようユーザーに指示します 170

続きを読みます
Windows 10で付箋をバックアップおよび復元する方法

Windows 10で付箋をバックアップおよび復元する方法

Windows 10 Anniversary Update v1607を使用すると、付箋のクラシックデスクトップバージョンが廃止され、cortana統合やその他の機能を備えた最新のUWPアプリに変換されます。 これで、付箋のコンテンツが plum.sqlite という名前のデータベースファイルに保存されます。 破損したWindows 10インストールから付箋データを別のコンピューターに転送するために復元する場合は、次の方法で行います。 目次 Windows 10の付箋データファイルのバックアップ[新しい形式] Windows 10のレガシー付箋データファイルのバックアップ[StickyNotes.snt] 付箋データ(.sntファイル)を新しい形式[plum.sqlite]に変換します Windows 10で付箋をバックアップ 実行中の場合は、付箋を閉じます。 以下のフォルダを開きます。 最も簡単な方法は、次のパスをコピーして、エクスプローラーのアドレスバーに貼り付け、Enterキーを押すことです。 %LocalAppData%\ Packages \ Microsoft.MicrosoftStickyNotes_8wekyb3d8bbwe \ LocalState データベースファイル plum.sqlite をフォルダーに保存します。 新しいユーザープロファイルまたは別のWind

続きを読みます
Windowsのその他のレジストリ修正(すべてのバージョン)

Windowsのその他のレジストリ修正(すべてのバージョン)

これは、Windows 7/8 / Vista / XPのいくつかの有用なレジストリ修正のコンパイルです。 問題が増えるにつれて、修正を追加する可能性があります。具体的なリクエストがある場合は、コメントセクションに必ず追加してください。 # 説明文 REG修正 OS 1 エラー1719アプリケーションをインストールするときに、Windowsインストーラサービスにアクセスできませんでした。 ダウンロード Windows 7 2 マルウェア攻撃後にWindowsセキュリティセンターサービスが見つからない ダウンロード Windows 7 3 「指定されたサービスはインストールされたサービスとして存在しません」というイベントログサービスがありません ダウンロード Windows 7 x64 4 ライブラリ(.library-ms)ファイルの関連付けとアイコンがありません ダウンロード Windows 7 5 Internet Explorer 9 Betaでメニューバーを有効にできない(バグ) ダウンロード IE9ベータ 6 Windowsインストーラサービスがありません ダウンロード Windows 7 7 Windows 7でのExplorerFrame.DLL登録を修正します。UIのさまざまな問題を解決します。 ダウンロード Windows 7 8 デバイスマネージャースナップインを

続きを読みます
Edgeのお気に入りをOneDriveまたは任意のクラウドストレージに同期

Edgeのお気に入りをOneDriveまたは任意のクラウドストレージに同期

これは、Microsoft Edgeブラウザーのお気に入りをOneDrive、DropBoxなどのクラウドストレージアカウントに同期または保存するのに役立つ、興味深い新しいツールです。 Edge Syncは、(EdgeManageの作成者による)まったく新しいユーティリティであり、Edgeのお気に入りをXMLファイルに変換し、システムのローカルクラウドストレージフォルダーに配置します。 同期部分は、クラウドストレージクライアントソフトウェア(OneDrive、Google Drive、DropBoxなど)によって実行されます。 Edge Syncは、すべてのPCが共有できるテキストベースのXMLファイルにお気に入りのリモートコピーを保存することで機能します。 XMLファイルは、ネットワークの場所、クラウドストレージアカウント、USBフラッシュドライブなど、どこにでも保存できます。3つの同期モードをサポートしています。 ローカルへ–リモートPCに対して変更が行われますが、リモート同期データソースに対しては行われません。 リモートへ–リモート同期データソースは変更されますが、ローカルPCは変更されません 双方向–ローカルとリモートの両方に変更が加えられます(デフォルト) 編集者注:双方向同期を試しましたがうまくいきませんでした(2016年7月6日にリリースされたv 1.0)。 私は本当に

続きを読みます
さまざまなエディションのWindows 10 Generic Productsキー

さまざまなエディションのWindows 10 Generic Productsキー

評価目的でHyper-VやVirtualBoxなどの仮想環境にWindows 10をインストールする必要があり、Windowsをアクティブ化したくない場合があります。 ほとんどの場合、セットアップ中にプロダクトキーページをスキップして、インストールを正常に完了することができます。 ただし、理由がはっきりしていなくても、Windows 10セットアップでは[プロダクトキー]ページをスキップできない場合があります。 Windows 10セットアップ–プロダクトキー入力をバイパスできません その場合、Microsoftから正式にリリースされたWindows 10の汎用プロダクトキーを使用できます。 これらの汎用キーは、ISOまたはDVD / USB Windowsセットアップメディアで機能します。 Windows 10の一般的なプロダクトキー デジタル資格無料アップグレードスキームを使用してWindows 7または8からWindows 10にアップグレードした場合、システムにはアップグレード中に自動的に汎用キーが割り当てられます。 ProduKey、MagicalJellyBean Keyfinder、カスタムスクリプトなどのツールを使用してプロダクトキーを表示すると、ジェネリックキーのみが表示され、以前の(Windows 7/8)インストールのキーは表示されません。 以下は、さまざまなW

続きを読みます
EdgeがWindows 10 Creators UpdateでEPUB(eBooks)サポートを取得

EdgeがWindows 10 Creators UpdateでEPUB(eBooks)サポートを取得

Windows 10 CreatorのUpdate Insider Preview Build 14971により、Microsoft EdgeはEPUB表示機能を取得します。 EPUBファイルは、拡張子が.epubの電子書籍であり、さまざまなタイプのデバイスで使用できます。 EPUBは、ドキュメント(コンテンツ)、スタイルシート、およびその他のメタデータを囲むzipコンテナーです。 EdgeがEPUBサポートを取得 Microsoft Edgeは、デフォルトでCreatorのアップデートで.epubファイルタイプを開き、eBookリーダーインターフェイスで次のコントロールとオプションを提供します。 目次[Ctrl + Shift + C] ブックマークを追加[Ctrl + Shift + M] 検索[Ctrl + F] フォントサイズを大きくする[Ctrl +プラス] フォントサイズを小さくする[Ctrl +マイナス] フォントスタイルを次のストックオプションのいずれかに変更します。 本のデフォルト(Times New Roman) クラシック(シトカテキスト) 読み取り効率(Verdana

続きを読みます
エラー「Windowsはwuapp.exeを見つけることができません」とWindows 10でのその回避策

エラー「Windowsはwuapp.exeを見つけることができません」とWindows 10でのその回避策

Windows 10では、Internet Explorerの[ツール]メニューから[Windows Update]をクリックすると、「Windowsがwuapp.exeを見つけられません」というエラーが発生します。 これは、以前のバージョンのWindowsにあったWindows Updateページランチャーツールであるファイルwuapp.exeがWindows 10で削除されたためです。 ただし、Internet Explorer 11は引き続きこのファイルを参照します。 Windows Updateページは、[検索]または[スタート]-> [設定]-> [更新とセキュリティ]など、さまざまな方法で起動できます。 すばやくアクセスするには、Win

続きを読みます
Microsoft Print to PDFはWindows 10の新機能です

Microsoft Print to PDFはWindows 10の新機能です

Windows 10のかわいい追加機能の1つは、Microsoft Print to PDFオプションです。 ドキュメントまたはWebページをPDFに変換するには、サードパーティのツールまたは仮想プリンタードライバーを使用する必要がありました。 私を含むほとんどの人が、Adobe AcrobatやFox It ReaderなどのPDFリーダーアプリケーションに付属するかわいいPDFライタードライバーまたは同様のドライバーを使用しています。 また、Microsoft独自のOfficeアドイン、Microsoft Save as PDFまたはXPSも忘れないでください。 Windows 10にはMicrosoftのPrint to PDFオプションが組み込まれているため、非常にうまく機能しているので、サードパーティのものをアンインストールします。 ドキュメントまたはWebページで、[印刷]オプションを選択し、[プリンター]ドロップダウンボックスから[Microsoft Print to PDF]を選択します。 以下は、Microsoft Edgeの印刷ダイアログのスナップショットです。 表示されるCommon Fileダイアログにファイル名を入力し、ファイルを保存します。 デフォルトでは、ドキュメントに保存されます。

続きを読みます
フォルダをお気に入りリンクにドラッグすると、ショートカットが作成される代わりにフォルダが移動します

フォルダをお気に入りリンクにドラッグすると、ショートカットが作成される代わりにフォルダが移動します

エクスプローラーの[お気に入りのリンク]領域にフォルダーをドラッグすると、フォルダーへのショートカットがリンクフォルダーに配置されます。 これは私のお気に入りのWindows Vistaシステムでは当てはまりませんでした。お気に入りのリンクにドラッグすると、フォルダー全体とサブフォルダーがリンクフォルダーに移動しました。 イチジク1:お気に入りリンクにドラッグすると移動中のフォルダー この問題が発生する前に、リンクフォルダーのアイコンを修正するために、コンテンツを削除してリンクフォルダーをリセットし、 shell:Links コマンドを使用して再構築しました。 ユーザーアカウントの Links フォルダーにあるDesktop.iniファイルをGuestアカウントのそれと比較したところ、プロファイルのDesktop.iniファイルに次の行がないことがわかりました。 DefaultDropEffect = 4 DESKTOP.INIドキュメントに従って、 DefaultDropEffect 行はデフォルトのドラッグアンドドロップアクションを設定します。 4に設定すると、ドラッグされたフォルダのショートカットがリンクフォルダに作成されます。 DefaultDropEffect 行をDesktop.iniに追加し、読み取り専用属性を設定すると、問題は 解決 しました。 ( Links フォル

続きを読みます
Windows 10で写真アプリを再インストールする方法

Windows 10で写真アプリを再インストールする方法

フォトアプリが起動しないか、エラーが発生した場合は、PowerShellを使用して修復できます。 Windows 10の手順は次のとおりです。 (スタート)をクリックして、「powershell」と入力し、( Windows Powershell)を右クリックして、(管理者として実行)を選択します フォトアプリを再登録または再インストールするには、次のいずれかの方法を使用します。 オプション1 次のコマンドを実行します。 Get-AppxPackage -allusers Microsoft.Windows.Photos | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register "$($ _。InstallLocation)\ AppXManifest.xml"} オプション2 まず、次のコマンドを実行して写真アプリのパッケージIDを取得し、それを以下の2番目のコマンドで使用します。 Get-AppxPackage Microsoft.Windows.Photos -allusers | PackageFullNameを選択します 表示されているパッケージ名を書き留めます。 たとえば、パッケージ名が Microsoft.Wi

続きを読みます
さまざまな方法を使用してディレクトリの内容を印刷する方法

さまざまな方法を使用してディレクトリの内容を印刷する方法

フォルダーの内容をコピーするには、フォルダー内のすべてのアイテムを選択し、Shiftキーを押しながら右クリックメニューの[ パスとしてコピー ]コマンドをクリックします。 次に、メモ帳またはその他のテキストエディターを開き、クリップボードから内容を貼り付けます。 ただし、現在のフォルダとサブフォルダのディレクトリリストを再帰的に印刷する必要がある場合は、別の方法が必要です。 この記事では、Windowsのコマンドライン方式、Google Chrome、Firefox Webブラウザーの使用など、フォルダーの内容を一覧表示するさまざまな方法について説明します。 コマンドプロンプトを使用してディレクトリの内容を印刷する ディレクトリ一覧を印刷するフォルダを開きます。 現在のフォルダーでコマンドプロンプトを開くには、アドレスバーに「 cmd.exe と入力します。 次のコマンドを入力してEnterキーを押します。 dir / o:gn これにより、そのディレクトリ内のファイルとフォルダのリストが表示されます。 クリップボードにコピー ディレクトリの内容リストをクリップボードに出力するには、次のコマンドを使用します。 dir / o:gn | クリップ 次に、出力を表示するには、メモ帳を開き、クリップボードから内容を貼り付けます。 出力をファイルに出力します または、次のコマンドラインを使用

続きを読みます
ドラッグアンドドロップの感度を変更して、誤ってファイルを移動しないようにする

ドラッグアンドドロップの感度を変更して、誤ってファイルを移動しないようにする

マウスまたはタッチパッドの感度が高すぎて、クリックまたはタップしたときにデスクトップまたはファイルエクスプローラーのアイテムが誤ってドラッグされますか? デフォルトでは、4ピクセルの距離でファイルまたはフォルダーをドラッグしてマウスボタンを離すと、デフォルトの「ドラッグアンドドロップ」アクション(同じドライブ上の別のフォルダーにドラッグしているかどうかに応じて、移動またはコピー)または別のドライブのフォルダに移動します。)が実行されます。 デフォルト値を 4 ピクセルに設定すると、誤ってファイルをデスクトップまたはエクスプローラーのランダムなアイテムにドラッグアンドドロップするのが簡単になります。 デフォルト値に満足できない場合は、ドラッグアンドドロップ距離(ピクセル単位)を増やして、ファイルの誤った移動またはコピーを回避できます。 ただし、使用可能なGUIオプションがないため、設定を変更するにはレジストリを編集する必要があります。 レジストリのドラッグアンドドロップの感度を変更する Windowsでドラッグアンドドロップの感度を変更するには、次の手順に従います。 レジストリエディター( regedit.exe )を起動します。 次のブランチに移動します。 HKEY_CURRENT_USER \ Control Panel \ Desktop 右側のペインで、 DragHeight

続きを読みます
Windows Defenderエラー0x80070643定義の更新

Windows Defenderエラー0x80070643定義の更新

Windows Updateを介してWindows Defenderを更新しようとすると、エラー 0x80070643 が表示され、定義の更新のインストールに失敗することがあります。 ここに完全なエラーメッセージがあります: 一部のアップデートのインストール中に問題が発生しましたが、後で再試行します。 これが引き続き表示され、Webで検索するか、サポートに連絡して情報を入手したい場合は、次の方法が役立ちます。 Windows Defenderの定義の更新– KB2267602(定義#。###。####。#)–エラー0x80070643 Windows Defenderの更新エラー0x80070643 Windows Defenderでエラー0x80070643が発生する原因は何ですか? エラーコード 0x80070643 は、「インストール中の致命的なエラー」を意味します。 Windowsの多くのエラーコードと同様に、このコードはまったく役に立ちません。 ただし、サーバー側の問題が原因である可能性があります。つまり、Windows Updateコンポーネントを修正したり、 SoftwareDistribution\Downloads フォルダーをリセットしたりする必要はありません。 MicrosoftのWindows DefenderチームであるJason Yimが投稿した、この問題

続きを読みます
Internet Explorerのズームレベルオプションを無効にする方法

Internet Explorerのズームレベルオプションを無効にする方法

読者の1人が、Internet Explorerのズーム機能を無効にする方法を尋ねてきました。マウスを使用してWebページをスクロールするときに誤ってCTRLキーを押すと、Internet Explorerのズームレベルが変更されるためです。 これは時々私にも起こり、私が知っている唯一の回避策はズームレベル機能を完全に無効にすることです。 これにより、Internet Explorerの[表示]メニューからズームレベルを変更することもできなくなります。 IEでズーム機能を使用しない場合は、このレジストリ編集に進んでください。 Internet Explorerのズームレベル機能を無効にする Regedit.exeを起動し、次の場所に移動します。 HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Internet Explorer \ Zoom デフォルトでズームキーが存在しない場合は、手動で作成してください。 ZoomDisabled という名前の新しいDWORD(32ビット)値を作成します。 ZoomDisabledをダブルクリックして、データを 1に 設定します。 レジストリエディタを終了します。

続きを読みます
Windowsでファイルタイプのアイコンを変更する方法

Windowsでファイルタイプのアイコンを変更する方法

Windowsには、ユーザーがファイルの種類にカスタムアイコンを設定できる組み込みのオプションがないのは驚くべきことです。 カスタムファイルタイプがあり、対応するプログラムの.exeまたは.dllリソースに見栄えの良いアイコンがない場合は、そのファイルタイプのデフォルトアイコンを手動で変更またはカスタマイズできます。 この記事では、Windowsでさまざまな方法を使用して、ファイルタイプのデフォルトアイコンを変更する方法について説明します。 手順は、Windows 10を含むすべてのバージョンのWindowsに適用されます ファイルタイプのデフォルトアイコンを変更するには 組み込みのレジストリエディタを使用して、ファイルタイプのデフォルトアイコンを変更できます。 2番目の方法では、 デフォルトのプログラムエディター を使用してデフォルトのアイコンを変更する方法を見てみましょう。 方法1:レジストリエディターを使用してファイルの種類のアイコンを変更する .txtファイルのファイルタイプアイコンを変更したいとします。その方法を次に示します。 [スタート]をクリックし、「 regedit.exe と入力してEnterキーを押します 次のブランチに移動します。 HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersio

続きを読みます