Windowsで実行中のプロセスの親プロセスを特定する方法

Windowsで実行中のプロセスの親プロセスを特定する方法

システムがアイドル状態であるにもかかわらず、継続的なハードディスクアクティビティが発生している状況に遭遇した可能性があります。 好奇心からタスクマネージャーを開くと、何もせずに、いくつかのプロセスが独自に開始および終了することがあります。 これは、スケジュールされたバックアップタスク、サードパーティのシステムメンテナンスプログラム、またはハードディスクを混乱させる可能性のあるものです。 マルウェアである可能性もあります。 しかし、どのアプリケーションまたはプロセスがそれらを起動しますか? インターネットで検索すると、実行可能ファイルに関する詳細情報を見つけることができます。 実行中のプロセスの親プロセスを知ることも重要であり、それは多くの方法で達成できます。 実行中のプロセスの親プロセスとプロセスIDを知るためのいくつかの方法を次に示します。 プロセスエクスプローラーの使用 プロセスエクスプローラーは、実行中のプロセスについて知りたいすべてを伝える優れたプログラムです。 Process Explorerをダウンロードし、解凍して実行可能ファイルを実行します。 説明のために、システム構成ユーティリティ(MSConfig.exe)の[ツール]タブからシステム情報ツール(msinfo32.exe)を起動しています。 プロセスエクスプローラーで、 Ctrlキーを 押しながら Tキーを 押して

続きを読みます
修正:誤ってビデオまたは他のシェルフォルダーをD:\ rootに移動

修正:誤ってビデオまたは他のシェルフォルダーをD:\ rootに移動

プロパティシートの[ 場所 ]タブを使用して、音楽、画像、ビデオ、ダウンロード、ドキュメントなどの特別なフォルダーを別のドライブに再配置する場合は、フォルダーを再配置する完全なターゲットパスを必ず指定してください。 たとえば、ユーザープロファイルの Videos フォルダーを D:\ ドライブに移動するには、 D:\ だけでなく、 D:\Videos と入力します。 これは、Windowsが自動的にフォルダー名を追加しないためです。 完全なパスを指定しない場合、シェルフォルダーはルートドライブに移動されます。 これはシェルフォルダーの機能には影響しませんが、フォルダーを(ファイルを含む)デフォルトの場所に復元すると問題が発生します。 特別なフォルダーのプロパティシートの[ デフォルト に 戻す] ボタンを使用して、ファイルを自動的に転送することを選択すると、Windowsはすべてのファイル、フォルダー、サブフォルダーを D:\ からユーザープロファイル( %userprofile% )に再帰的に移動しようとします。 また、システムボリューム情報、Config.msi、または D:\ $ Recycle.Binフォルダーを開いて列挙しようとすると、ファイルの移動操作が途中で突然失敗します。 これにより、次のエラーが発生します。 アクセスが拒否されまし たフォルダはここに移動できません。

続きを読みます
Windows 7サービスの既定の構成のスタートアップの種類とログオンアカウント

Windows 7サービスの既定の構成のスタートアップの種類とログオンアカウント

サービス構成を誤って微調整した結果、システムが遅くなったり、他の大惨事を引き起こしたりしていませんか? また、元に戻すための元の構成を覚えていませんか? 以下のWindows 7のデフォルトのサービス構成表が役立つ場合があります。 インストールしたWindows 7のエディションによっては、これらのサービスの一部がシステムにない場合があります。 たとえば、 BranchCache 機能と対応するサービスは、Windows 7 UltimateおよびEnterprise Editionでのみ使用できます。 サービス名 スタートアップの種類 としてログオン ActiveXインストーラー(AxInstSV) マニュアル ローカルシステム 適応輝度 マニュアル ローカルサービス アプリケーション経験 マニュアル ローカルシステム アプリケーションID マニュアル ローカルサービス アプリケーション情報 マニュアル ローカルシステム アプリケーション層ゲートウェイ マニュアル ローカルサービス アプリケーション管理 マニュアル ローカルシステム バックグラウンドインテリジェント転送 自動(遅延) ローカルシステム ベースフィルタリングエンジン 自動 ローカルサービス BitLockerドライブ暗号化 マニュアル ローカルシステム ブロックレベルのバックアップエンジン マニュアル ローカルシステ

続きを読みます
Windowsで頑固で削除できないファイルまたはフォルダーを削除する方法

Windowsで頑固で削除できないファイルまたはフォルダーを削除する方法

多くの場合、どのように試してもファイルやフォルダを削除できない状況に遭遇することでしょう。 この記事では、通常の方法を使用して頑固または削除できないファイルまたはフォルダーを削除する方法について説明します。 これらの頑固なファイルまたはフォルダーを削除できない理由は、少なくとも4つあります。 ファイルまたはフォルダは現在いくつかのプログラムで使用されています オプション1:Explorerシェルを再起動する オプション2:IOBit Unlockerを使用する オプション3:プロセスエクスプローラーを使用してハンドルを閉じる オプション4:MoveFile.exeを使用して、再起動時にファイル/フォルダーを削除または名前を変更する 名前に無効な文字が含まれているファイルまたはフォルダーは削除できません 必要なNTFSアクセス許可がありません ファイルシステムの破損 Windowsで頑固で削除できないファイルまたはフォルダを削除する方法 「使用中のファイル」シナリオ いくつかのアプリケーションによってファイル/フォルダのロックを解除するのに役立つソフトウェアプログラムは多数あります。 UnlockerやProcess Explorerなどのユーティリティを使用すると、ファイルまたはフォルダーのハンドルを強制的に閉じてから、ファイルまたはフォルダーを削除できます。 これらのプログラムを使

続きを読みます
Windows 8サービス構成のデフォルトのスタートアップの種類

Windows 8サービス構成のデフォルトのスタートアップの種類

ここには、Windows 8サービス構成のデフォルトがリストされています。 サービス構成の変更がうまくいかず、デフォルト設定が不明ですか? このリストは、一部のユーザー、特にツイーカーとブレーカーにとって有益な場合があります???? 名前 スタートアップの種類 としてログオン ActiveXインストーラー(AxInstSV) マニュアル ローカルシステム アプリケーション経験 手動(トリガー開始) ローカルシステム アプリケーションID 手動(トリガー開始) ローカルサービス アプリケーション情報 マニュアル ローカルシステム アプリケーション層ゲートウェイサービス マニュアル ローカルサービス バックグラウンドインテリ

続きを読みます
Windows 7でインターネット接続共有エラーNullまたは80004005を修正する

Windows 7でインターネット接続共有エラーNullまたは80004005を修正する

ネットワーク接続のプロパティを介してWindows 7コンピューターでインターネット接続の共有を有効にしようとすると、次のいずれかのエラーが発生する場合があります。 インターネット接続の共有を有効にするときにエラーが発生しました。 (ヌル) -または- 共有アクセスを有効にできません。 エラー0x80004005:不明なエラー この問題を解決するには、次のサービスが開始され、実行されていることを確認してください。 ベースフィルターエンジン(自動) ネットワーク接続(手動) リモートアクセス接続マネージャー(手動) Windows Management Instrumentation(自動) Windowsファイアウォール(自動) ICSが機能するためには、 Windowsファイアウォール サービスが有効になっている必要がありますが、WindowsファイアウォールはICS依存関係の1つとしてリストされていません。 サービスを有効にするには、サービスMMC( Services.msc )を起動します。 サービスをダブルクリックし、サービスの開始タイプを上記のように設定し、[開始]をクリックしてサービスを開始します。 サードパーティのファイアウォールソフトウェアをインストールすると、Windowsファイアウォールサービスが無効になります。 ICSが機能するためには、Windowsファイアウ

続きを読みます
Windows GoodbyeまたはDynamic Lock –新しいWindows 10機能

Windows GoodbyeまたはDynamic Lock –新しいWindows 10機能

Windows 10 Creators Updateは、多くの新しい興味深い機能を入手できるように設定されています。 Microsoftがまだ明らかにしていないロードマップには、「ダイナミックロック」という名前の別の新機能があるようです。 Windows 10プレビュービルド15002は、設定アプリに「ダイナミックロック」オプションを追加します。 Dynamic Lockは「Windows Goodbye」と名付けられるかもしれません—伝えられるところによると、内部的にはそう呼ばれています。 [ソース:WindowsCentral.com] 動的ロック(Windows Goodbye) 設定は、 EnableGoodbye という名前のDWORD値の次のレジストリキーに保存されます。 HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Windows NT \ CurrentVersion \ Winlogon Windows Goodbyeまたは「ダイナミックロック」は、ユーザーが近くにいないことを検出すると、デバイスをロックします。 一方、「Windows Hello」は顔認識を使用してユーザーにサインインします。 ダイナミックロック機能がどのように機能するかは不明です。サポートハードウェア(カメラ、センサー)が必要かどうか、必要な場合はどのよう

続きを読みます
Windowsのインストール日時を確認する方法

Windowsのインストール日時を確認する方法

この投稿では、Windowsインストールの元のインストール日時を判別するために使用できるさまざまな方法を示します。 この情報は、Windows 10を含むすべてのバージョンのWindowsに適用されます。Windows10では、次の方法は、最初にインストールしたWindows 10ビルドのインストール日時ではなく、インストールした最新の機能更新のインストール日時を表示することに注意してください。 Windowsのインストール日時を確認する方法 1. SystemInfoの使用 コマンドプロンプトウィンドウを開き、次のように入力します。 システム情報 Original Install Dateフィールドのみを出力するには、次のように入力します。 systeminfo | findstrの日付 2. WMI / WSHスクリプトの使用 次のVBScriptコードをメモ帳にコピーし、.vbs拡張子を付けて保存して実行します。 Set dtmInstallDate = CreateObject( _ "WbemScripting.SWbemDateTime") Set objWMIService = GetObject("winmgmts:" _ & "{impers

続きを読みます
Windows 10以前でタスクバーのサムネイルプレビューを無効にする方法

Windows 10以前でタスクバーのサムネイルプレビューを無効にする方法

Windowsには、タスクバーのサムネイルプレビュー機能を無効にするGUIオプションがありません。 レジストリ設定 TaskbarNoThumbnail とそれに相当するGPOを試してみまし たタスクバーのサムネイルをオフにします。 この設定はWindows Vistaにのみ適用されるようで、Windows 7以降では効果がありません。 ただし、レジストリ編集を使用して、Windows 7からWindows 10のタスクバーサムネイル機能(のようなもの)を無効にすることができます。 これは、タスクバーのサムネイルプレビューのホバー遅延を大きな値(たとえば10000ミリ秒以上)に設定することで実行できます。これにより、タスクバーアイコンの上にホバーしたときにプレビューがすぐに生成されません。 上手。 その場合、記事のタイトルは「Windowsのタスクバーサムネイルプレビューを遅らせる方法」となるはずです。 WinGeek.comの記事Adjust Taskbar Preview Hover Delay( Steve Sinchakへのクレジット)でこのレジストリ値について聞いて、タスクバーにサムネイルがすぐに表示されないように大きな10進数値を入力してレジストリ値を実験しました。 Windows 10でタスクバーサムネイルプレビューを無効にする レジストリエディター(regedit.e

続きを読みます
起動できないWindows PCからプロダクトキーをオフラインで復元する方法

起動できないWindows PCからプロダクトキーをオフラインで復元する方法

ライブWindowsインストールで失われたプロダクトキーを見つけることができるユーティリティはたくさんありますが、コンピューターが完全に死んでいて起動できない場合はどうでしょうか。 この投稿では、マウントされたハードディスクまたはその他のソースに SOFTWARE レジストリハイブをロードすることにより、(Windows、Office、およびその他の製品の)オフラインでプロダクトキーを取得できるいくつかのサードパーティユーティリティを紹介します。 起動できないWindowsコンピューターのハードディスクからプロダクトキーを回復する方法 続行する前に、この記事では、Windowsのインストールが失敗した場合の SOFTWARE レジストリハイブのコピーがあることを前提としています。 古いハードディスクドライブをスレーブとして別のコンピューターに接続するか、 SOFTWARE ハイブのみをUSBドライブにコピーします。 次のユーティリティを管理者として実行する必要があります。 そうし ないと 、ハイブをロードするときにエラー A必要な権限がクライアント または類似のもの によって保持されていません 。 KeyFinderの使用 Keyfinderは、起動できないWindowsインストールからプロダクトキーを取得します。 また、他の多くのアプリケーションのプロダクトキーを取得する、コミュニ

続きを読みます
写真アプリを使用してWindows 10で画像をトリミングまたはトリミングする方法

写真アプリを使用してWindows 10で画像をトリミングまたはトリミングする方法

Windows 10 Photosアプリには、便利な画像プレビューおよびエディターを作成するための興味深い機能がいくつかあります(ただし、基本的な編集機能のみがサポートされています)。 最近、Microsoftペイントまたはサードパーティのエディターを使用して、IrfanView、GIMPなどの画像をトリミングまたはトリミングしていた可能性があります。良い点は、画像のサイズ変更だけでなく、画像のトリミング、回転、フィルターの追加もできることです。写真アプリを使用したエフェクト。 プレビューするだけでなく、基本的な画像/ビデオ編集タスクを実行する単一のアプリを用意することは常に非常に便利です。 この投稿では、Windows 10の 写真アプリを使用して画像を トリミングまたは トリミング する方法について説明します。 写真アプリを使用して画像をトリミングまたはトリミングする Windows 10の写真アプリを使用して画像をトリミングまたはトリミングするには、次の手順に従います。 写真アプリを使用して、画像/写真(トリミングするもの)を開きます。 ツールバー領域の[編集]アイコン(Ctrl + E)をクリックし、[ 編集 ]をクリックします。 [編集]オプションをクリックすると、画像をトリミングしたり、フィルターや効果を追加したりできる画面が表示されます。 [ 切り抜きと回転 ]ボタンを

続きを読みます
スクリプトまたはコマンドラインを使用してシステムの復元ポイントを作成する方法

スクリプトまたはコマンドラインを使用してシステムの復元ポイントを作成する方法

システムの復元は、Windowsの非常に貴重な機能であり、構成に誤りがある場合にシステムを簡単に回復できます。 システムの復元機能を定期的に使用している場合は、コマンドラインを使用してシングルクリックでシステムの復元ポイントを作成する方法を知っている必要があります。 これは、WMIまたはPowerShellを使用してスクリプトを作成することでも実行できます。 この記事では、Windows 10以前のバージョンのWindowsで、シングルクリックでシステムの復元ポイントをすばやく作成するいくつかの方法について説明します。 コマンドラインまたはスクリプトを使用してシステムの復元ポイントを作成する方法 迅速な復元ポイントの作成については、3つの方法が説明されています。1)WMIコマンドラインを使用するか、PowerShellを使用するか、カスタムWindowsスクリプトを使用します。 方法1:WMICを使用して復元ポイントを作成する 管理者特権(管理者)のコマンドプロンプトを開きます。 次のコマンドを入力してEnterキーを押します。 Wmic.exe / Namespace:\\ root \ default Path SystemRestore Call CreateRestorePoint "%DATE%"、100、1 (または) Wmic.exe / Names

続きを読みます
UACプロンプトなしで管理者(昇格)としてプログラムを実行する方法

UACプロンプトなしで管理者(昇格)としてプログラムを実行する方法

最近、ユーザーアカウント制御(UAC)プロンプトを取得せずに昇格されたプログラムを実行する方法について、すばらしいヒントを見つけました。 これはUACをオフにすることなく実行できるため、システムのセキュリティを損なうことはありません。 UACプロンプトなしで昇格したプログラムを実行する方法 管理者アカウントにログインしたときに、UAC昇格プロンプトを表示せずに、管理者として昇格したアプリを実行できます。 UACをバイパスするトリックは、実行するプログラムごとに(最高の特権を持つ)スケジュールされたタスクを作成し、次に schtasks.exe を使用してスケジュールされたタスクアイテムを手動で呼び出すこと schtasks.exe 。 次の手順は、Windows 10を含むすべてのバージョンのWindowsに適用されます。 ステップ1:スケジュールされたタスクの作成 タスクスケジューラを起動する( taskschd.msc ) 左側の[タスクスケジューラライブラリ]カテゴリを右クリックし、[ 新しいフォルダ] を選択します フォルダーに MyAppsという 名前を付けます MyApps フォルダーを選択します 右側の[ 操作] ウィンドウで、[ タスクの作成… ]をクリックし ます。 作成するタスクの名前を入力します。 [ 最高の特権で実行 ]オプションを有効にします。 これは最も重

続きを読みます
ChromeまたはFirefoxを使用してGoogle検索でCortana Web検索リンクを開く

ChromeまたはFirefoxを使用してGoogle検索でCortana Web検索リンクを開く

CortanaでWeb検索結果をクリックすると、デフォルトのブラウザーに関係なく、常にMicrosoft Edgeが起動します。 ただし、デフォルトのWebブラウザーで開くようにCortana Web検索リンクを構成できます。 さらに、Bingの代わりにGoogle検索に検索クエリを自動的にリダイレクトできます。 2018年4月、Microsoftは、デフォルトのWebブラウザーや https プロトコルの関連付け設定に関係なく、Cortanaから検索するときに起動するブラウザーをEdgeにすることを発表しました。 ユーザーインターフェイスには検索エンジンまたはブラウザーを変更するオプションはありませんが、新しい microsoft-edge: URLプロトコルを使用して、BingではなくGoogleを使用してCortanaを検索する方法はまだあります。 デフォルトのブラウザーを使用してCortana検索を作成し、Bingの代わりにGoogleで検索する オプション1はEdgeDeflectorツールを使用します。 Cortana Web検索をデフォルトのブラウザーにリダイレクトします。 オプション2では、Cortana Web検索をデフォルトのブラウザーにリダイレクトし、Bing URLをGoogle検索に変更するカスタムスクリプトを使用します。 オプション1:EdgeDeflec

続きを読みます
Windows 10ロック画面の黒い背景と壁紙なし

Windows 10ロック画面の黒い背景と壁紙なし

Windows 10アニバーサリーアップデート以降、ログイン画面またはサインイン画面にもロック画面の壁紙を表示できるようになりました。 ただし、サインイン画面で壁紙オプションを有効にすると、ロック画面がWindowsスポットライトの画像や壁紙ではなく黒い背景で表示されるという問題が発生します。 ロック画面の黒い背景 この問題は、次の理由により発生します。 最小化および最大化時にウィンドウをアニメーション化する 視覚効果設定は無効になって おり 、パーソナライズ設定「サインイン画面にロック画面の背景画像を表示する」が有効になっています。 ロック画面の壁紙がAssetsフォルダーにないか、拡張子 .jpg 追加されています。 上記の設定でワークステーションをロックすると、ロック画面が黒の背景で表示されます。 ただし、ロック画面を閉じると、サインイン画面が背景画像と共に正しく表示されます。 [修正] Windows 10ロック画面の黒い背景と壁紙なし 修正1:「ウィンドウをアニメーション化する」設定を有効にする ウィンドウアニメーションを有効にするには、[システム]→[詳細設定]→[ パフォーマンスオプション]を 使用します。 Winkey + Rを押して、実行ダイアログを表示します。 sysdm.cpl と入力し、Enterキーを押します 「詳細」タブを選択し、「パフォーマンス」の下の「

続きを読みます