Windows 10で写真アプリを使用して画像のサイズを変更する方法

Windows 10で写真アプリを使用して画像のサイズを変更する方法

MicrosoftがWindows 10 MobileとコンピュータープラットフォームのWindows 10の間でUIをシームレスにすることを望んだため、クラシックなWindowsフォトビューアーに代わる最新(UWP)アプリであるPhotosアプリ。 Windows 10がリリースされたとき、多くのユーザーはレジストリ編集を使用して手動でWindowsフォトビューアーアプリを追加する必要がありました。 フォトアプリは時々新機能を取得します。 たとえば、写真アプリは画像を編集したり、動画を分割したり、それらを結合したりできます。 そして、そのキャップの中で最も新しい羽は、画像のサイズを変更する機能です(ただし、3つのプリセットオプションしか提供されていません)。 この投稿では、Windows 10の写真アプリを使用して画像のサイズを変更する方法について説明します。 Windows 10の写真アプリを使用して画像のサイズを変更する 写真アプリにはサイズ変更オプションがあり、サイズ(メガピクセル)を減らして画像ファイルのサイズを減らすことができます。 3つのプリセット構成が用意されており、次の中から選択できます。 S –小さい–ソーシャルネットワーキングのアバター、サムネイルに適しています(0.25 MP) M –中– Webでの共有、メールの添付ファイル用。 (2 MP) L –大–(4

続きを読みます
Windows VistaでのWindowsインストーラーエラー2738および2739の修正

Windows VistaでのWindowsインストーラーエラー2738および2739の修正

Windowsインストーラー(.msi)セットアップパッケージを使用してプログラムをインストールしようとすると、エラー2738または2739が発生し、セットアップが失敗することがあります。 WindowsインストーラーセットアップがWindowsスクリプト(.vbsまたは.js)カスタムアクションを使用し、コンピューターにVBScriptまたはJScriptランタイムが登録されていない場合、エラー2738、2739が発生します。 MSDNのWindowsインストーラのエラーメッセージページから: コード 説明文 2738 カスタムアクションのVBScriptランタイムにアクセスできませんでした 2739 カスタムアクションのJSc

続きを読みます
すべてのチェックボックスオプションをデフォルトで有効にしてディスククリーンアップを開始する

すべてのチェックボックスオプションをデフォルトで有効にしてディスククリーンアップを開始する

ディスククリーンアップツールを開くと、すべてではないにしてもほとんどのクリーンアップオプションがデフォルトでオフになっています。 ディスククリーンアップは、前回使用したときに有効にしたオプションを記憶していません。 レジストリを変更する必要なく、すべてのクリーンアップオプションのチェックボックスをオンにしてディスククリーンアップを開始するための巧妙なトリックを次に示します。 「LOWDISK」パラメータを使用してディスククリーンアップを開始します Cleanmgr.exeで「LOWDISK」引数を使用すると、通常どおりディスククリーンアップが開始されますが、すべてのチェックボックスがオンになっているため、不要です。 次のコマンドラインを使用してデスクトップショートカットを作成します。 cleanmgr.exe / LOWDISK ここでは、管理ツールフォルダにあるディスククリーンアップショートカットのターゲットフィールドを編集することもできます。 C:\ ProgramData \ Microsoft \ Windows \ Start Menu \ Programs \ Administrative Tools このショートカットは、[スタート]メニューの検索結果から[ディスククリーンアップ]を検索してクリックするときに使用されます。 システム全体の場所にある不要なファイル、つまり

続きを読みます
Windows 7の特定のアプリケーションでタスクバーオプションへのピンを削除する方法

Windows 7の特定のアプリケーションでタスクバーオプションへのピンを削除する方法

Windows 7のタスクバーに固定したくないホストアプリケーションがある場合は、アプリケーションの登録領域にレジストリ値を追加することでそれを行うことができます。 デフォルトでは、Windowsは次のホストプロセスがタスクバーに固定されるのを防ぎます。 RUNDLL32.EXE MSHTA.EXE DLLHOST.EXE APPLAUNCH.EXE HH.EXE WINHLP32.EXE MMC.EXE …および次のレジストリキーで文字列値 HostApps 、 AddRemoveApps 、 AddRemoveNamesに 定義されているその他のファイル名 HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ E

続きを読みます
ASUS Data Security Managerが原因のエラー「これ以上ファイルはありません」

ASUS Data Security Managerが原因のエラー「これ以上ファイルはありません」

ファイルをダウンロードしてダウンロードディレクトリ以外のフォルダに保存すると、「ファイルがありません」というエラーが発生し、ファイルがローカルに保存されません。 これは、メモ帳、ワードパッド、Officeなどのさまざまなアプリケーションからファイルを保存するときにも発生します。 これは主に、ASUS Data Security ManagerソフトウェアがプリインストールされているASUSコンピュータで発生するようです。 ASUS Data Security Managerは、ASUSTek Computer Incによって開発されたデータ保護プログラムです。プログラムの主な目的は、ユーザーIDと呼ばれる単一のデータを使用してネットワークアカウントとユーザーパスワードを組み合わせることにより、保護の層を追加することです。 また、所有者の許可なしに他の人がノートブックにアクセスするのを防ぎます。 「ファイルがありません」というエラーを回避するには、次の手順でASUS Data Security Managerサービスを停止します。 [ファイル名を指定して実行]ダイアログまたは[スタート]メニューから services.msc を起動します ASUS Data Security Manager (ADSM)サービスを右クリックし、停止をクリックします。 さまざまなプログラムを使用してファ

続きを読みます
EdgeがPDFまたはHTMLの関連付けをハイジャックするのを防ぐ方法

EdgeがPDFまたはHTMLの関連付けをハイジャックするのを防ぐ方法

Windows 10のファイル関連付け保護メカニズムは、各ファイルタイプのレジストリのUserChoice領域への直接の変更を防ぎます。 レジストリにファイルの関連付け(ユーザーの選択)が設定されていない場合、またはアプリケーションがUserChoiceレジストリキーに誤って書き込んで関連付けを設定することによりハッシュを無効にすると、そのファイルタイプのファイルの関連付けがリセットされ、Windows 10のデフォルトに戻ります。 たとえば、Edgeは、更新後、または上記の理由によりPDFファイルの関連付けを引き継ぐ場合があり、アクションセンターはアプリのデフォルトがリセットされたことを通知します。 「アプリが.pdfファイルのデフォルトアプリ設定に問題を引き起こしたため、Microsoft Edgeにリセットされました」 2019 Update: 次のレジストリ編集は、Windows v1809以降では機能しません。 適切な修正については、記事「アプリのデフォルトがリセットされました」を参照してください。 解決 Microsoft EdgeがPDFまたは.HTM / .HTMLファイルの関連付けをハイジャックするのを防ぐには、次の手順を使用します。 この手順は、v1803より前のビルドで機能します。 1.レジストリエディター(Regedit.exe)を起動し、次の場所に移動します

続きを読みます
Windows 10以前でフォルダービューをリセットする方法

Windows 10以前でフォルダービューをリセットする方法

フォルダービューの設定には、列の設定、ビューモード、グループ化、並べ替え順序、ウィンドウサイズなどが含まれます。Windowsがフォルダービューの設定を忘れた場合は、ビューをリセットして破損した設定をクリアし、最初からやり直すことをお勧めします。 この記事では、Windows Vista、7、8、およびWindows 10で保存されたフォルダービューを完全にクリアする方法について説明します。 Windowsでのフォルダビュー設定のリセット スクリプトを使用したフォルダービューのリセット reset_folder_views.zipをダウンロードします 同梱のスクリプトファイル reset_folder_views.vbsを 解凍して実行します 。 このメッセージが表示されたら、[ はい] をクリックして続行します。 いくつかのコマンドプロンプトウィンドウが開いたり閉じたりして、エクスプローラーシェルが再起動します。 これにより、フォルダービューの設定がクリアされます。 レジストリエディターを使用して手動でフォルダービューをリセットする [スタート]ボタンをクリックし、「 Regedit.exe」 と入力 して 、Enterキーを押します 次のキーに1つずつ移動します。 HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Classes \ Local Settings \

続きを読みます
Rundll32コマンドラインを使用してInternet Explorerのキャッシュをクリアする

Rundll32コマンドラインを使用してInternet Explorerのキャッシュをクリアする

inetcpl.cplを含むrundll32コマンドラインと、Internet Explorer 7以降で広く使用されているエントリポイント ClearMyTracksByProcess は、整合性レベルが低い場合にのみ有効です。 これは、Windows Vista以降では、Internet Explorerが2つの異なるキャッシュコンテナーを管理するためです。1つは保護モード用で、もう1つはInternet Explorerが保護モード外にあるときにファイルを保存するためのキャッシュフォルダーです。 ユーザーがキャッシュをクリアするために次のコマンドを実行すると、 RunDll32.exe InetCpl.cpl、ClearMyTracksByProcess 8 このコマンドは中程度の整合性レベルで実行されるため、保護モード以外でアクセスしたWebサイトのキャッシュフォルダーのみがクリアされます。 すべてのキャッシュファイルは保護モード領域にありますが、 低 ディレクトリの下にあり ます 。 キャッシュを適切にクリアするには、同じコマンドを再度実行する必要がありますが、今回は低整合性レベルで起動します。 これは、メニューオプションを使用してキャッシュをクリアしようとしたときにInternet Explorerが正確に行うことです。 これは、次の図から明らかです。 コマンドラインを使

続きを読みます
Windows 10で画面の一部のスクリーンショットを撮る

Windows 10で画面の一部のスクリーンショットを撮る

Windows 10 Creators Updateから、OneNoteの人気のあるスクリーンショット機能がオペレーティングシステム機能になりました。Win+ Shift + Sショートカットキーを使用して、画面の特定の領域をクリップボードにキャプチャできます。 画面の一部のスクリーンショット Winkey + Shift + Sを押します。画面がオーバーレイで覆われ、マウスカーソルがプラス(+)記号に変わります。これは、キャプチャモードがオンであることを示します。 Windows 10 v1809以降、上部に次のバーが表示されます。 そこから、スニッピングモードの1つを選択します:長方形スニップ、フリーフォームスニップ、またはフルスクリーンスニップ。 長方形またはフリーフォームの切り取りを選択した場合は、画面上の領域を選択します。 これにより、特定の部分がクリップボードにコピーされます。 ペイントまたはその他の任意の画像エディターを開き、クリップボードから画像を貼り付けます(Ctrl + V)。 この機能はOneNote 2016の機能に置き換わるものです。 Winkey + Shift + Sはv1809以降のSnip&Sketchを搭載 Windows 10 v1809以降では、Winkey + Shift + Sは新しい Snip&Sketch 機能を搭載しています。 キース

続きを読みます
BIOSバージョンを確認し、BIOSが最新かどうかを確認します

BIOSバージョンを確認し、BIOSが最新かどうかを確認します

BIOSは、起動プロセス中にハードウェアの初期化を実行するために使用されるファームウェアです。 BIOSファームウェアは、コンピューターのマザーボード(別名システムボード)にプリインストールされており、電源を入れたときに最初に実行されるソフトウェアです。 BIOSセットアップページで、オンボードデバイスの有効化または無効化、起動デバイスの優先順位、CPU速度などを設定できます。 CPUの脆弱性(Meltdown、Spectreなど)は、適切なセキュリティマイクロコードアップデートをインストールすることで修正されます。 マイクロコード更新は、通常BIOSまたはUEFIファームウェア更新として提供されるCPUのファームウェアにすぎません。 したがって、CPUのセキュリティの脆弱性を緩和または修正するには、BIOSの更新が不可欠です。 インテルがCPUまたはCPUモデルセットのマイクロコードアップデートをリリースした場合、それらはOSベンダーおよびOEMと協力して、システムの保護に役立つプラットフォームファームウェアおよびソフトウェアアップデートを開発します。 この投稿では、BIOSのバージョンを確認し、BIOSが最新かどうかを確認する方法について説明します。 BIOS情報を検索し、BIOSが最新かどうかを確認します システム情報ツール(msinfo32.exe)の使用 msinfo32.

続きを読みます
レジストリキーの所有権を取得し、コマンドラインを使用してアクセス許可を割り当てる

レジストリキーの所有権を取得し、コマンドラインを使用してアクセス許可を割り当てる

レジストリエディター(regedit.exe)を使用して、レジストリキーとサブキーの所有権を変更する方法を見てきました。 また、RegASSASSINを使用してレジストリキーのアクセス許可をリセットする方法や頑固なキーを削除する方法についても説明しました。 この記事では、コマンドラインを使用してレジストリキーの所有権を変更し、アクセス許可を付与する方法について説明します。 Windowsには、ファイル/フォルダーの所有権とアクセス許可を変更するためのtakeown.exeおよびicacls.exeコンソールユーティリティがありますが、コマンドラインを使用してレジストリキーの所有権を変更するための組み込みのツールはありません。 タスクには SetACL という名前の サード パーティツールが必要です。 SetACL:コマンドライン引数 先に進む前に、SetACLを使用してファイル/レジストリの所有権とアクセス許可を変更するためのコマンドライン構文を見てみましょう。 SetACL -on objectname -ot objecttype -actnアクション -on :SetACLが操作するオブジェクトへのパスを指定します(例:ファイル、レジストリキー、ネットワーク共有、サービス、またはプリンター)。 -ot :オブジェクトタイプを指定します。 ファイルまたはフォルダーの所有権またはア

続きを読みます
修正:デバイスハードディスクDR0のイベントビューアーで「不良ブロック」エラーが発生する

修正:デバイスハードディスクDR0のイベントビューアーで「不良ブロック」エラーが発生する

最近、私のWindows 10コンピュータの1つが動作が遅い、頻繁にハングする、または突然シャットダウンする。 マルウェアスキャンは正常であることが判明し、CPU時間やメモリを大量に消費するプロセスはありません。 ただし、開いたアプリに関係なく、ディスク使用率は100%のままでした。 システム イベントログに複数の ディスク エラーエントリが表示されました。 そのようなイベントの1つを次に示します。 ログ名:システムソース:ディスク日付:15-08-2019 17:37:49イベントID:7タスクカテゴリ:なしレベル:エラーキーワード:クラシックユーザー:N / Aコンピューター:DESKTOP-3V7LVDA説明:デバイス、\ Device \ Harddisk0 \ DR0、不良ブロックがあります。 Windowsを再起動すると、次のイベントログエントリが追加されます。 ログ名:システムソース:Microsoft-Windows-Kernel-Power日付:15-08-2019 19:28:09イベントID:41タスクカテゴリ:(63)レベル:重要なキーワード:(70368744177664)、(2)ユーザー:SYSTEMコンピュータ:DESKTOP-3V7LVDA説明:システムは完全にシャットダウンせずに再起動しました。 このエラーは、システムが予期せず応答を停止したり、クラ

続きを読みます
Microsoft EdgeコピータイトルとWebページのURL

Microsoft EdgeコピータイトルとWebページのURL

Chrome、Firefoxなどのブラウザ向けに、ウェブページのタイトルとアドレスをコピーするサードパーティの拡張機能がいくつかあります。 ここに、Microsoft Edge用の独自のタイトルとURLのコピーのブックマークレットを追加するための巧妙なトリックがあります。 Microsoft Edgeを開き、Webサイトにアクセスしてお気に入りバーに追加します。 お気に入りに「 タイトルとURL を コピー 」など、好きな名前を付けます。 次に、そのお気に入りのターゲットを、現在のタブのページタイトルとURLをコピーするJavaScriptコードに変更します。 Windows 10 Fall Creators Updateでは、Edgeの既存のブックマークのURLを編集できます。 これを行うには、ブックマークを右クリックし、[ URLの編集 ]をクリックし ます 。 次のJavaScriptコードを入力してEnterキーを押します。 javascript:window.prompt( "タイトルとURLをコピー"、document.title + ":" + location.href); void(0); Windows 10 v1703以前を使用していますか? Windows 10バージョン1703以前では、Edgeにはお気に入りのターゲッ

続きを読みます
Google Chromeでマテリアルデザインのダウンロード、履歴、拡張機能のページを無効にする方法

Google Chromeでマテリアルデザインのダウンロード、履歴、拡張機能のページを無効にする方法

マテリアルデザインダウンロードUIは、今後のバージョンのGoogle Chromeのデフォルトになります。 新しいUIを無効にしてクラシックダウンロードページに戻るには、次の手順を実行します。 Chromeのアドレスバーに「 chrome:// flags /」と入力 し、Enterキーを押します。 または、オプションに直接移動して、次のように入力します。 chrome:// flags /#enable-md-downloads 「マテリアルデザインのダウンロードを有効にするMac、Windows、Linux、Chrome OS」オプションを無効に設定します (#enable-md-downloads) Google Chromeを再起動します。 従来のダウンロード(chrome:// downloads)ページが復元されました! 次のような他のマテリアルデザインUIオプションも確認してください。 ブラウザの上部クロムのマテリアルデザイン マテリアルデザインポリシーページを有効にする マテリアルデザインの履歴を有効にする マテリアルデザインの拡張機能を有効にする こちらもご覧ください はじめに–マテリアルデザイン– Googleデザインガイドライン

続きを読みます
Windows 7用のWindows NTバックアップリストアユーティリティが利用可能になりました

Windows 7用のWindows NTバックアップリストアユーティリティが利用可能になりました

以前に、Windows 7用のMicrosoftのNTバックアップリストアユーティリティを待ちたくないユーザーのために、Windows 7でNTBackup .BKFイメージをリストアする方法を書きました。現在、Microsoftは、Windows 7用のWindows NTバックアップリストアユーティリティをWindows 7 PCでWindows XP NTBackupイメージ(.BKF)を復元するホットフィックスの形式。 そして、これがマイクロソフトの公式ナレッジベースの記事です。 Windows 7およびServer 2008 R2用のWindows NTバックアップリストアユーティリティ ユーティリティを入手するには、以下の修正プログラムのリクエストページにアクセスしてください。 Windows NTバックアップリストアユーティリティ

続きを読みます